編集できない!変換できない!PDFソフトを使用する際に6割以上が困っていることがあると回答改正電子帳簿保存法、「対策済」は28.1%・・・タイムスタンプや電子署名の利用も3割に満たず
拡大する(全1枚)
業務ソフトの定番 PDFを見直し業務改善につなげましょう

Amazon KindleやGoogle Chromeへの組み込みで定評のあるPDFテクノロジーのリーディングカンパニー株式会社のFoxitJapan(東京都港区)は、2022年3月25日(金)~2022年3月28日(月)の4日間、全国20歳以上の業務でPDFを使用する500名を対象に、「PDFと改正電子帳簿保存法に関する調査」をWEBアンケート方式で実施いたしました。
調査の結果からPDFソフトに関する様々なお困りごとや、改正電子帳簿保存法に関する対応の遅れや負担が明らかになりました。編集などの業務はもちろん改正電子帳簿保存法への対策としてFoxit PDF Editorの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

報道の一資料として、ぜひご活用ください。


【調査概要】
1.調査の方法:WEBアンケート方式
2.調査の対象:全国の20歳以上の業務で閲覧以外にもPDFを使用する男女
3.有効回答数:500名
4.調査実施日:2022年3月25日(金)~3月28日(月)の4日間


■調査結果トピックス
■PDFに関して
・PDFで行うことは「PDFファイルの閲覧」が最も多く89.0%。「PDFファイルの印刷」80.0%、「PDFへの変換」70.0%と続きPDFが業務にとって必要不可欠な存在であることがわかる。
・PDFソフトについて61.6%が「困ることがある」と回答。「直接文字の編集ができない」52.0%、「他のファイル形式にうまく変換できない」40.7%、「文字やイラストが編集できない」38.2%など、PDFソフトを使用しているものの、編集関連に対し、困っている方が多い。