【台湾情報】ロシアのウクライナ侵攻が台湾EV産業へ及ぼす影響<ワイズ機械業界ジャーナル2022年4月第3週号発行>
拡大する(全1枚)
~台湾機械業界の最新動向を分析する~

ワイズコンサルティング グループ(本社:中華民国台北市、代表取締役:吉本康志)は台湾機械業界専門誌「ワイズ機械業界ジャーナル」の2022年4月第3週号を発行しました。今週号では、機械設備業界、電気自動車業界、ハイテク産業向けの化学品供給装置メーカーのNovaTech、工作機械業界の動向について紹介します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/59899/133/resize/d59899-133-34a10815e0e0d9896f72-1.jpg ]

<最新号目次>


台湾機械設備製造業の産業概況と2022年の展望
ロシアのウクライナ侵攻が台湾EV産業へ及ぼす影響
ハイテク産業向けの化学品供給装置メーカー、朋億(NovaTech)
工作機械のスマート化、無人工場実現の下地に


<ロシアのウクライナ侵攻が台湾EV産業へ及ぼす影響>
EV電池用ニッケルの価格高騰 ウクライナ侵攻の影響で
 ニッケルは電気自動車(EV)用リチウムイオン電池の主要原材料の1つだ。中でもロシアのニッケル生産量は世界3位で、世界生産量の約10%を占める。このため、ロシアによるウクライナ侵攻が発生してからニッケル価格が暴騰し、EV産業に影響を及ぼしている。
 ロシアはニッケルの主要生産国の1つだが、各国がロシアに経済制裁をした影響で世界市場のニッケル価格が高騰した。また、原材料不足でリチウムイオン電池生産の一部停止、EV生産に影響を及ぼすことが懸念されている。