【2022 年 4 月 28 日 東京発】
米国クアルトリクスの日本法人、クアルトリクス合同会社 (本社:東京都千代田区、カントリーマネージャー:熊代 悟、以下 クアルトリクス) は、日鉄ソリューションズ株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長:森田宏之、以下日鉄ソリューションズ) がクアルトリクスの従業員エクスペリエンス管理ソリューション「Qualtrics EmployeeXM™」を採用し、従業員エンゲージメントの向上に取り組んでいることを発表します。

日鉄ソリューションズでは、「“多様な人材”が、自律、分散、協調しながら、エンゲージメント高く働くことができる職場作り」を目指し、組織のエンゲージメント状態や重点施策の状況を迅速に把握し、必要なアクションを起こし、常に組織のエンゲージメントを高め続ける為の仕組みづくりを目指していました。

この実現には、従来から実施していた組織風土に関する調査、分析、フィードバックの一連のプロセスを短縮化することに加え、調査によって可視化された課題に対するアクションが会社単位、職場単位で確実に行われ、さらに、そのアクションの効果を測定することが重要であると考えていました。

クアルトリクスの EX 管理ソリューション
「従業員の声を経営・現場マネジメントに正しく反映させることにより、従業員エンゲージメントの向上を実現したい」「組織のエンゲージメントに関するデータの有効活用・アクション管理によるデータドリブン組織成長を実現したい」との日鉄ソリューションズの思いを実現することが可能であるプラットフォームとして選択されたのが、クアルトリクスの従業員エクスペリエンス (EX) 管理ソリューションでした。