瀬戸内寂聴さん、林真理子さんと語り合った「最後の肉声」の記録動画がYouTubeで公開。おふたりの対談を掲載した最新刊『99年、ありのままに生きて』が好評発売中
拡大する(全1枚)
デビューまもない36歳のエッセイから、51歳での出家直後の手記、そして99歳での人生最後の対談まで、瀬戸内さんの一生を辿る決定版

株式会社中央公論新社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松田陽三)は、『婦人公論』のYouTubeチャンネルにて、瀬戸内寂聴さんが京都・寂庵で林真理子さんと語り合った「最後の肉声」を記録した動画を公開いたしました。また、おふたりの対談を収録した書籍『99年、ありのままに生きて』が、現在全国書店にて好評発売中です。


瀬戸内寂聴さん、最後の肉声 ~2021年6月、林真理子さんと語り合った動画を公開


[動画: https://www.youtube.com/watch?v=j4c4nJVcx5I ]


2021年6月30日。京都の寂庵にて。
雑誌『婦人公論』に収録する対談のため、林真理子さんが瀬戸内寂聴さんを訪ねました。
瀬戸内寂聴さんがお元気だった頃の、最後の動画です。

◎「婦人公論.jp」関連記事
・瀬戸内寂聴「私が51歳で出家した理由。あれもこれもなど思ううち、たちまち一生はすぎてしまう」
https://fujinkoron.jp/articles/-/5735

・【追悼・瀬戸内寂聴さん】林真理子「瀬戸内先生との約束」
https://fujinkoron.jp/articles/-/5316


書籍『99年、ありのままに生きて』 全国書店店頭にて好評発売中

大正・昭和・平成・令和 4つの時代をかけぬけて――