高校生対象 学費無償「介護職員初任者研修」の公募を6月1日に開始!
拡大する(全1枚)
介護福祉の分野で働きながら、進学費用を貯められ、キャリア支援も受けられる「介拓(かいたく)奨学生プログラム」。

一般社団法人アスバシ・社会福祉法人むそうをはじめとするキャリア教育団体と介護・福祉団体が、実行委員会をつくり、若者と介護福祉業界をつなぐための新しい制度づくりを目指して協働し、この夏より高校生のための「介拓奨学生プログラム」をスタートします。5月9日に愛知県より、研修実施の承認を正式にいただきました。6月1日から募集を開始します。
つきましては、公募に先立ち5月31日(火)12時10分~13時に、社会福祉法人むそうが運営する「久遠チョコレート名古屋藤巻店(愛知県名古屋市名東区藤巻町2-2-656 TEL 052-781-4898)」を会場に、ランチタイム座談会(Z世代にとって福祉ってどうよ?~自らの可能性と未来をカイタクする「介拓」とは?)をオンラインにて配信します。

コロナ禍により家庭の収入が減ったり、様々な社会体験の機会がなくなったりし、将来や進路選択に不安を抱える高校生が増加しています。また一方で、家族の介護や家事を担うヤングケアラーへの支援の必要性も叫ばれています。
介拓奨学生プログラムは、(1)進学したいけど高額な学費の負担、とりわけ奨学金を受ける前の高校進学時の資金の負担、(2)貸与型の奨学金をたくさん借りたくない (3)自分の力で、自分の未来を切り拓きたい。などの思いをもつ高校生に、自分の未来を自分で開拓していく道をつくろう!という想いから生まれました。