私道整備の補助対象を「車いすが通れる幅員0.9メートル以上」に拡大
拡大する(全1枚)
「私道整備なんでも相談窓口」も開設

奈良市では、バリアフリーの観点から、市民により身近な私道の整備を見直し、車いすの方や高齢者の方も安心・安全に通行できるような私道の補修にも補助金を支給できるよう「私道整備事業補助金交付制度」を改正しました。車いすが通れる細い私道の整備も最大80万円を補助します(補助率50~70%)。

また、私道に関する様々なお困りごとをお聞きし、電話や対面で制度活用や改善方法についてわかりやすくご案内する「私道整備なんでも相談窓口」を開設します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/36429/178/resize/d36429-178-84afb13ddf62f1edeb41-1.jpg ]

今回の制度改正の重点ポイント
市民の方の要望を踏まえ、高齢者、障がい者視点に立ち、補助制度の活用促進に繋がる内容の見直しを行いました。特に補助対象私道の幅員を緩和することにより、それまで自動車の通行を前提とした私道に対して補助していたものを、より社会の実情に沿うように、車いすの通行のための私道も補助対象としました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/36429/178/resize/d36429-178-0d2cd77ec85897ee595d-0.jpg ]


制度改正施行日・窓口設置開始日
令和4年6月1日(水曜日) ※当日からの申請に適用

制度改正の概要