楽天証券、米国株式投資情報を拡充。「米国株決算速報」提供開始
拡大する(全1枚)
- 公表から数分以内!米国企業の決算速報と市場予想比較が日本語で確認可能に -

楽天証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠 雄治、以下「楽天証券」)は、2022年6月26日(日)より、米国株式の投資情報を拡充し、「米国株決算速報」の提供を開始することをお知らせします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/11088/413/resize/d11088-413-c8f9ef852c0650b6d515-0.png ]

このたび提供を開始する「米国株決算速報」は、米国証券取引委員会(「SEC」)を通して公表された米国上場企業の決算情報を、数分以内に日本語で配信するサービスで、どなたでも無料で利用できます。特に、Form 8-K(以下「臨時報告書」)にて公表された売上高、純利益、1株当たり利益などの決算数値を瞬時に読み込み、一目で決算状況がわかる見出しを自動作成し配信するため、臨時報告書公表後、素早く企業の決算状況を把握することが可能になります。また、公表された決算情報と、前期実績や市場予想との比較をグラフ化した情報も交えて配信するため、市場との乖離を可視化して把握することもできます。気になる銘柄は、「米国株決算速報」画面で銘柄名・ティッカーコード以外に、期間を指定して検索することも可能で、同時期に決算発表を行う企業の比較なども容易にできるようになります。当該サービスは、パソコンだけでなく、スマートフォンサイト(※1)や、スマートフォン向け株式トレーディングアプリ「iSPEED(R)」でも利用できるため、時間や場所を選ばず、いつでも素早く情報取得が可能になります。