報酬水準に関する仮説検証のためにフェアバリュー診断を活用

[画像1: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/106817/15/106817-15-a01c7fa980155f2012395e147ab7646a-1200x630.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]


報酬テックを提供する株式会社PROJECT COMP(本社:東京都港区、代表取締役:田川啓介)の運営する企業向け評価・報酬決定プラットフォーム「PROJECT COMP for Business」が、営業DXサービス「Sansan」やインボイス管理サービス「Bill One」などの働き方を変えるDXサービスを提供するSansan様に導入されました。
導入経緯
昨今の売り手市場において人材流動性も高まる中、企業側は自社での働きがいの向上や社員の成長機会を増やすための努力がより一層必要となっています。


当社が提供する企業向け評価・報酬決定プラットフォーム「PROJECT COMP for Business」では、自社社員の給与が相場感から妥当かどうかを把握することができる上、評価制度作りから評価査定までのあらゆる課題に対応することができます。

Sansan様は、会社の成長や規模に応じた報酬水準を実現するため、数年前から報酬水準を上げていらっしゃいます。今回、概況や社員の能力などさまざまな側面から、どのくらいの評価・報酬が妥当なのかを判断するため、当社の「フェアバリュー診断」を活用いただきました。

競合となる企業群との比較で、特にこの職種の水準が相対的に低いという点や、この等級より上になると競合の企業群もばらつきが出てくるなど、今後の報酬水準の設計に活用できるデータが得られたと実感いただいています。

今後、当社は、採用から評価制度の策定・運用、社員の報酬決定や人材マネジメントに至るまで、データに基づいたサービスを提供していくことで、頑張りと報酬を連動させ、働く人々をエンパワーし、国の成長に寄与して参ります。
Sansan様の事例はこちらからご覧いただけます
https://business.project-comp.com/lp/introduction/003

企業向け評価・報酬決定プラットフォーム「PROJECT COMP for Business」とは
https://business.project-comp.com/lp

給与データベース・評価制度クラウド・コンサルティングのサービスがあることで、データベースで給与の相場比較ができるようになる上、クラウドサービスでは自社にマッチした制度や運用プロセスを簡単に作成・管理ができ、不明点やこだわりたい点については人事コンサルタントに相談できるという、「データ」、「クラウド」、「ヒト」を活用したサービスとなっている点が特徴です。


プラットフォームを活用することで、企業は評価制度作りから評価査定までのあらゆる課題に対応できるようになり、適切な評価・報酬決定を実現していくことができます。

株式会社PROJECT COMP
PROJECT COMP社は、『働く個をエンパワーし、再び活力の漲る国に。』というパーパスを掲げているスタートアップ企業です。ITエンジニア向け給与データベースサービス『PROJECT COMP』や企業向け評価・報酬決定プラットフォーム 『PROJECT COMP for Business』を提供しています。給与データを集めて適切に可視化することで、雇用やキャリアの機会損失を解消する形で人材流動を促進していくことを目指しています。
[画像2: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/106817/15/106817-15-1f5fadd627a991258b7e2d69d166e61e-2052x272.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]


社名:株式会社PROJECT COMP(PROJECT COMP Co., Ltd)


代表者取締役:田川啓介
事業内容:ITエンジニア向け給与データベースサービス及び評価・報酬決定プラットフォームの開発・運営
設立:2020年7月28日
本社:〒106-0044 東京都港区東麻布2丁目35-1 KCビル6階(麻布十番ライズオフィス 21号室)
企業URL:https://project-comp.com/company
お問い合わせ:support@project-comp.com企業プレスリリース詳細へ : https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000106817.htmlPR TIMESトップへ : https://prtimes.jp