NAP FILMS #2|平成SF映画 90年代

NAP FILMS #2|平成SF映画 90年代
拡大する(全3枚)
NAP FILMS #2|平成SF映画 90年代

80年代にSFの世界で話題を呼んだ「サイバーパンク」は、人間と機械の融合をテーマにした新ジャンル。その影響を受けて、90年代のSF映画にもサイバーパンクを取り入れた作品が次々と登場して新しい未来のイメージが生み出された。CGやアニメ技術の進化も著しかった90年代のSF映画を振り返る3作を紹介。

マトリックス

SF映画で重要なのは斬新なヴィジュアル。『2001年宇宙の旅』『ブレードランナー』など、時代毎に新しい未来のイメージを生み出す作品が登場したが、90年代にヴィジュアル面で衝撃を与えたのが本作だ。ソフトウェア会社に勤務するプログラマー、トーマス・アンダーソンは、天才ハッカー、ネオという裏の顔を持っていた。そんな彼のもとに「目を覚ませ、ネオ」という謎めいたメールが送られてくる。そして、彼の前に現れた謎めいた女、トリニティは、トーマスが生きている世界はコンピュータが作った仮想現実で、現実世界ではコンピュータが人間を支配している驚くべき事実を告げる。監督のウォシャウスキー兄弟は、サイバーパンク小説、香港のカンフー映画、日本のアニメ、ロックなど、様々な影響を吸収。哲学や神学的なテーマも盛り込んで謎めいた「マトリックス・ワールド」を創りあげた。なかでも話題を呼んだのが、CGやワイアーアクションを駆使した斬新な映像で、キャラクターが静止してカメラが360度回る「バレットタイム」と呼ばれる手法は、映画という枠を越えて大きな影響を与えた。


この記事の画像

「NAP FILMS #2|平成SF映画 90年代」の画像1 「NAP FILMS #2|平成SF映画 90年代」の画像2 「NAP FILMS #2|平成SF映画 90年代」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Qeticの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マトリックス」に関する記事

「マトリックス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マトリックス」の記事

次に読みたい「マトリックス」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク