『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でレイがベン・ソロにかけた最期の言葉とは?新たなシーンが小説版で判明

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でレイがベン・ソロにかけた最期の言葉とは?新たなシーンが小説版で判明
昨年12月20日に公開を迎え、世界中のファンを虜にした「スター・ウォーズ」シリーズ最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。先日シカゴで開催されたコミコン<C2E2>にて先行販売された本作の小説版において、新たなシーンが追加されていることが明らかになった

映画版『スカイウォーカーの夜明け』には収められなかったセリフが明らかに!

情報によると、今回判明したのは惑星エクセゴルにて復活した暗黒卿ダース・シディアスことパルパティーンとの死闘の末、アダム・ドライバー演じるカイロ・レンことベン・ソロが力尽きてしまうシーンについて。デイジー・リドリー演じるレイとの最期の言葉を交わすシーンが収められているようだ。小説版では、「フォースを通して彼女にかけられる声。明瞭で力強い。“いつまでも君のそばにいるよ”とベンがつぶやいた。彼女(レイ)は微笑みながら、その真実が彼女に押し寄せてくるのを感じている。“誰ひとり消え去っていない”と彼女が囁いた」とふたりの最期の掛け合いが記されている。レイが囁いた「誰ひとり消え去っていない」という最後の言葉は、なんと『スカイウォーカーの夜明け』の特報で、マーク・ハミル演じるルーク・スカイウォーカーがつぶやいているセリフそのままなのだ。シリーズを通して観てきたファンにとっては、まさに感涙必至の演出だろう。この小説版だけではなく、映画では収められなかった未公開シーンを収録した『スカイウォーカーの夜明け』コミック版も登場する模様。ファンの方にはどちらも必ず手に入れてほしいところだ!▼合わせて読む・『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の未公開シーンが思わぬ形で解禁!?

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」特報


Star Wars: The Rise Of Skywalker In-Home Trailer (Official)

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でレイがベン・ソロにかけた最期の言葉とは?新たなシーンが小説版で判明
Photo via @starwars(Twitter)

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.

あわせて読みたい

Qeticの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月3日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。