映画『泣く子はいねぇが』主題歌・折坂悠太“春”が配信リリース決定!監督・佐藤快磨、主演・仲野太賀のコメントも到着

映画『泣く子はいねぇが』主題歌・折坂悠太“春”が配信リリース決定!監督・佐藤快磨、主演・仲野太賀のコメントも到着
映画『泣く子はいねぇが』主題歌・折坂悠太“春”が配信リリース決定!監督・佐藤快磨、主演・仲野太賀のコメントも到着
       
今年にはシングル“トーチ”をリリースしたほか、これまでの活動を総括したライブ盤『暁のわたし REC2013-2019』を発表、さらに自主制作時代の作品をアナログレコード化するなど、精力的に活動している折坂悠太。約半年ぶりとなる彼のシングル“”が、11月18日(水)に各種配信サービスにてリリースされることに。

映画『泣く子はいねぇが』主題歌・折坂悠太“春”がリリース決定!

映画『泣く子はいねぇが』の主題歌である本楽曲は、主演・仲野太賀の推薦によりオファーを受けた折坂が、監督・佐藤快磨とのやりとりを経て制作したものだ。「確かじゃないけど 春かもしれない」と繰り返される民謡調の歌と共に、移り変わっていく景色のように展開していく伴奏。自粛期間の最中で制作された本楽曲には、様々な変化に対する折坂の想いが込められている。また佐藤快磨と仲野太賀は、今作について以下のコメントを寄せている。
確かじゃないけど春かもしれない。エンドロールに“春”が流れたとき、登場人物たちのそれからを思わず想像していました。不甲斐ないですが、“春”で映画『泣く子はいねぇが』は完成したのだと、そのとき初めて分かりました。折坂さんには心から感謝しています。折坂さんにお願いできて本当によかった。これからも迷うばかりの人生が続いていくと思いますが、立ち止まるたびにそっと春を思い出します。

佐藤快磨

折坂悠太さんの歌声がエンドロールで流れた時、鳥肌が立ちました。僕自身が折坂さんの歌に勇気づけられたように、僕が演じた頼りない男の人生もまた、この歌によって前に進む事ができるんだと思いました。浮き沈みのある人生の四季に、不確かではあるけど愛と矛盾に満ち溢れたラストシーンの先に、いつか春は訪れる。素晴らしい楽曲を提供してくださって、本当に感謝しかありません。折坂悠太さんの“春”、是非聴いてみてください。

当時の記事を読む

Qeticの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月12日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。