新作予告編解禁記念 『ターミネーター2』未公開シーンにまつわるトピックを回想

新作予告編解禁記念 『ターミネーター2』未公開シーンにまつわるトピックを回想
『ターミネーター:ニュー・フェイト』の予告編が先週公開され、ファンは1991年の『ターミネーター2』以来、久々にサラ・コナー演じるリンダ・ハミルトンの姿を拝むことができた。

これまでに3本の続編が作られたが、今回はジェームズ・キャメロン監督が再びプロデューサーを務め、『デッド・プール』のティム・ミラーがメガホンをとる。ハミルトンの復活も考慮に入れれば、ようやく最初の2本に匹敵する作品が出てくる可能性はあると考えていいだろう。

過去3作品が不作だった最たる理由は、『ターミネーター2』が映画史上に残る素晴らしい続編のひとつだからだ。ジェームズ・キャメロンは1984年の第1作で描いた世界観を引き継ぎ、あっと驚くようなやり方でそれを広げた。第1作では悪役だったアーノルド・シュワルツェネッガー演じるT-800がヒーローに転じたことで期待はさらに膨らんだ。リンダ・ハミルトンは役作りのために身体を鍛え、恐れ知らずのアクションヒーローとなった。製作陣も当時のCGIの限界を破り、液状の金属からロバート・パトリック演じる情け無用の殺人マシン、意のままに外見を変えることのできるT-1000を作り出した。

最初の編集では本編が2時間を超えていたため、ジェームズ・キャメロンはいくつかのシーンのカットを余儀なくされた。そのうちの1つが映画の中盤、T-1000との銃撃戦の後コナー親子とT-800がガソリンスタンドで一夜を明かすシーンだ。T-800はサラ・コナーにペンチで銃弾を取り除いてもらいながら、今回の任務では「神経回路」が「読み込み限定」にセットされているゆえに、2人を救出する際に新たな情報を学習することができないと明かす。そしてメインチップを取り出して、システムを再起動して新しい情報を学習できるようにしてほしいと2人に頼む。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年5月30日の映画記事

次に読みたい関連記事「アベンジャーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「アベンジャーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ハリー・ポッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ハリー・ポッター」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スター・トレック」のニュース

次に読みたい関連記事「スター・トレック」のニュースをもっと見る

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。