トランプ政権、第二次世界大戦時の強制収容所施設に児童移民を収容

トランプ政権、第二次世界大戦時の強制収容所施設に児童移民を収容
アメリカ保健福祉局は現地時間11日、保護者の同伴無しで単独で渡ってきた子供の移民を、オクラホマ州にある軍用基地フォート・シルに収容する計画を公表した。150年前に建てられたこの基地は、第2次世界大戦中に日系アメリカ人の強制収容所として使われていた。

これはメキシコとの国境沿いに押し寄せる移民の波と、政府の収容施設不足への対応策として決定された。来月からおよそ1400人の移民の子供たちがフォート・シルに移送される。先週も、1600人の児童移民用にテキサス州カリーゾスプリングスの複合住宅を臨時施設とすることが発表された。

親の同伴なしで国境にやってきた児童移民は、5月だけで1万1000人。国土安全保障省の発表によれば、今年に入ってから4月末までに前年比57%増となる4万900人の子供を拘留していたという。6月上旬の時点で、政府の収容施設にいる児童移民は1万3000人強。親の同伴のない子供たちは、アメリカ在住の親戚など、引き取り先が見つかるまで連邦政府の管理下に置かれている。

強制収容所への児童移民の移送はトランプ政権だけではなく、オバマ政権時代にも児童移民の収容にフォート・シルが使われ、2014年に7万7000の児童が4カ月間収容された。だがオバマ大統領の退任以降、事態は急激に悪化しており、子供たちがとばっちりを受けている。「どうにもならない緊急事態です。これ以上言いようがありません。システムは崩壊しています」と、税関国境警備局のジョン・サンダース局長代行は報道陣に語った。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年6月14日の社会記事

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。