スティング、アマゾン森林火災に関する政府の対応に激怒「全人類が報いを受けることになる」



ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領は、「私はアマゾニアの先住民の味方ではない」と公然と主張し、締結された協定を放棄し、新たな領土を開拓しながらも、これらを阻むブラジルの科学および人権保護組織の解体を進めている。大統領はG7加盟国を偽善者と非難し、「かつては自分たちだって自国の森林を伐採したじゃないか」と言った。とはいえ、過去の過ちから学ばない理由にはならない。

ブラジルが森林を破壊しなくてもいいよう、私たちは協力して持続可能な経済モデルを打ち立てなければならない。

Rainforest Foundation Fundは、30年にわたってブラジルだけでなく、南アメリカ中の国々で暮らすアマゾニアの先住民たちとともに土地と権利の保護に取り組んできた。差し迫った危機に直面しているのはこうした人々の世界であり、人々の生活は守られなければならない。彼らの生存を保障するため、いまだかつてないほどのサポートが必要だ。

当然ながら、これらのことを理解し、受け入れるのはボルソナロ氏の啓発された利己心にかかっている。手遅れになる前に、ボルソナロ氏が政策を再考し、行いと扇動的な物言いを改めることを強く願う。竪琴なんて弾いている場合じゃない。世界が燃えているんだ。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月29日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。