マンソン・ファミリーによる殺人事件、50年を経て明らかになった新事実

マンソン・ファミリーによる殺人事件、50年を経て明らかになった新事実
チャールズ・マンソンの信者がロサンゼルスで9人を殺害した残忍な事件から50年が経ち、事件は今や伝説となっている。しかしトム・オニール著『Chaos』によると、未だに明らかになっていない事実もあるという。

50年間に渡り、マンソン・ファミリーによる殺人事件は米国内でも語り継がれてきた。しかし事件の詳細についてよく知る者は少ない。1969年8月9日~10日にロサンゼルスで9人が殺害された事件で、チャールズ・マンソンは直接手を下していないと知ると驚く人もいる。このカルト指導者と信者らが逮捕されたのは殺人事件から2ヶ月後のことで、しかも逮捕の容疑は殺人でなく車両窃盗だったという事実も、あまり知られていない。信者のひとりだったスーザン・アトキンスが同房者に、シャロン・テート殺害についてペラペラと自慢話を始めたことから、ようやく事件の詳細が明らかになりだした。その後事件は伝説として語り継がれることとなる。

事件について現在知られている話のほとんどは、実際の犯罪をテーマとしたジャンルの中でベストセラーとなっている著書『Helter Skelter』に基づいている。マンソン・ファミリーの事件裁判で首席検事を務めたヴィンセント・ブリオシによる同著が1974年に出版されたことで、ひとつのストーリーが一般に定着したのだ。少年拘置所で人生のほとんどを過ごしたある熱狂的なカリスマ性を持つ男がサマー・オブ・ラヴ(=1967年)直前に出所し、ドラッグにまみれたヒッピー集団を形成。彼はロサンゼルスのポップシーンへ参入しようと試みたがあっけなく拒絶されると、今度は自分のフォロワーたちに、残忍な殺人事件を続けて暴力的な人種間戦争の時代を切り開くべきだと説く、といったストーリーだ。このストーリーがマンソンを残忍な計画へと駆り立てた、とブリオシは言う。マンソンはザ・ビートルズの『ホワイト・アルバム』の収録曲にあやかり、自らの計画を『ヘルター・スケルター』と名付けた。マンソンにとってビートルズは、楽曲を通じて自分にメッセージを送る黙示録の4騎士だったのだ。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年9月28日のライフスタイル記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。