MAN WITH A MISSION、トロント公演独占レポート 現地で聞いた海外ファンの声

MAN WITH A MISSION、トロント公演独占レポート 現地で聞いた海外ファンの声
MAN WITH A MISSIONが、9月に約5年ぶりとなる単独北米ツアー「MAN WITH A MISSION presents Chasing the Horizon World Tour 2018/2019 -North American Tour-」を開催した。

アメリカ、カナダ、メキシコを巡り、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ダラス、メキシコシティ、ニューヨーク、シカゴ、トロント、バンクーバーの全8都市を訪れた今回のツアー。約3カ月前からトロントで生活している筆者は、このうち、セミファイナルにあたる9月21日のトロント公演を目撃した。日本で10回以上見てきた彼らのライブパフォーマンスが、もっとも新鮮に、もっともシンプルに映った一夜の模様をレポートする。

トロント公演が行われたのは、街中心部にあるワンフロアのライブハウスAdelaide Hall。キャパシティと構造は東京で言えば渋谷CLUB QUATTROと似ている。この日は、動くスペースもなく熱気がムンムン立ちこめるほどの超満員。「人種のモザイク」と呼ばれる多民族都市トロントだけに、実にさまざまな国籍の人で埋まり、日本人も1~2割ほどいた。私の後ろにいたのは中国語を話す20代の男女4人組だった。

MAN WITH A MISSION、トロント公演独占レポート 現地で聞いた海外ファンの声

Photo by 酒井ダイスケ

午後8時、SEのバッド・レリジョン「Man With A Mission」が流れる中、大歓声と拍手に迎えられて5匹とサポートギタリストE.D.Vedderが登場。Jean-Ken Johnny(G, Vo, Raps)が「Lady and gentleman, boys and girls! We are MAN WITH A MISSION! Whats up Toronto!?」と雄叫びを上げたと同時に、「2045」からライブがスタートした。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月27日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。