『ジョーカー』日本でも社会現象化、アメコミ映画12年ぶり「3週連続No.1」

『ジョーカー』日本でも社会現象化、アメコミ映画12年ぶり「3週連続No.1」
孤独だが心優しかった男が「悪のカリスマ」に変貌していく衝撃のドラマを、アカデミー賞常連の実力派スタッフ・キャストで描くサスペンス・エンターテイメント『ジョーカー』。10月4日より公開され、全米・日本を含む世界66カ国でNo.1を記録した本作の勢いは加速する一方だ。

爆発的な快進撃を続けている日本では、公開3週目を迎える週末も動員数:1,845,043人、興行収入:2,720,157,750円と30億円を目前に、週末ランキングで3週連続のNo.1を記録。日本におけるアメコミ映画の3週連続No.1は『スパイダーマン3』(2007年)以来、12年ぶりの快挙。さらに、映倫区分が【R15+】(15歳未満の鑑賞禁止)指定の本作がランキング3週連続No.1というのは、まさに異例中の異例と言える。さらに米サイト「Box Office Mojo」によると、世界興行収入は7億3752万ドル(800億759万円)を超え(※10/20付け「Box office mojo」調べ※1ドル=108.48円換算)、止まる気配のない『ジョーカー』旋風は、世界中でさらに拡大し続けている。

日本中『ジョーカー』旋風を巻き起こしている本作は、アメコミ映画ファンや映画ファンの枠を超え、しばらく映画館での映画鑑賞から遠のいていた人たちを巻き込む大きな話題となっている。「実に20年ぶりに映画館で映画観る。ジョーカー」、「専らレンタル&ネトフリ派なので実に13年ぶりの映画館なんですけどジョーカーキメます」、「映画館で映画観るとかいう遊び方をするのは10年ぶりくらいで嬉しくて舞い踊ってる。 ちなみに観るのはジョーカー」等、10年ぶり、20年ぶりに行くという投稿がSNS上を飛び交い、実際に久々に映画館体験をした人たちによる「15年ぶりに映画館来てジョーカー観てきた。ヤバ面白かった」、「マジで13年ぶりに映画館で映画観たけどジョーカー最高でした…」、「6年ぶりに映画館に行って映画を観た。映画『ジョーカー』明日も観に行こうか悩み中… 明日は無理でも、何度か行きそう。それくらい良かった」をはじめ、期待をはるかに超える満足コメントが続々と投稿されている。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月21日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。