『マレフィセント2』映画評「期待外れの続編、アナ雪のカタルシスには程遠い?」

『マレフィセント2』映画評「期待外れの続編、アナ雪のカタルシスには程遠い?」
アートやエンターテイメントではなく、商業映画について語る人は、決まって『マレフィセント2』のような映画を話題にしている。2014年公開の精彩に欠く『マレフィセント』の続編にあたる同作は、鮮やかな色彩に彩られているが、残念ながらハートではなくデジタルハードウェアに頼りきっている。

アンジェリーナ・ジョリーの氷のような眼差しくらいしか印象に残らないが、マレフィセントのいったいどこが邪悪な女王(原題:Maleficent: Mistress of Evil)なのだろう? たしかに、黒い角を生やしビニール製の衣装をまとい、オオカミのような目をしたマレフィセントの外見は恐ろしい。2014年に公開された前作では、恐ろしいヴィランのマレフィセントが自ら呪いをかけた人間の子供=オーロラ姫を愛するようになった経緯が細かく描かれていた。そしていまや、強い意志を持つ美しいティーンに成長したオーロラ姫(エル・ファニング)は、復讐に燃える女王で母(ミシェル・ファイファー)の反対を押し切り、ハンサムなフィリップ王子(『ブルックリンの片隅で』のハリス・ディキンソン)との結婚を熱望する。すぐに飽きてしまうが、ファイファーとジョリーが繰り広げる睨み合い対決を観るのは楽しい。でも、ストーリーはいかがなものか。

脚本家リンダ・ウールヴァートンはこの退屈な映画を活気づけるため、さらにふたつの伏線を用意した。だが、いずれも『アナと雪の女王

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「マレフィセント + 映画」のおすすめ記事

「マレフィセント + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月22日の映画記事

キーワード一覧

  1. マレフィセント 映画

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。