心が弱いからうつになるのか? 「自虐的世話役」を美化する日本社会

心が弱いからうつになるのか? 「自虐的世話役」を美化する日本社会
2019年9月に書籍『なぜアーティストは壊れやすいのか?』を出版した、音楽学校教師で産業カウンセラーの手島彦。同書では、自身でもアーティスト活動・マネージメント経験のある手島が、ミュージシャンたちのエピソードをもとに、カウンセリングやメンタルヘルスの基本を語り、アーティストや周りのスタッフが活動しやすい環境を作るためのヒントを記している。そんな手島が、日本に限らず世界の音楽業界を中心にメンタルヘルスや世の中への捉え方を一考する連載「世界の方が狂っている ~アーティストを通して考える社会とメンタルヘルス~」をスタート。第7回は、民間でももちろんのこと、クリエイティブな仕事に関わる人達も抱え込む人が多いという"うつと双極性障害"をテーマに、産業カウンセラーの視点から考察する。

メンタルヘルスに関わる問題では「うつ病」という言葉がすぐに思い出されるかもしれません。「ボス」という愛称とともに、一般的にはタフなイメージのあるブルース・スプリングスティーンですが、彼は自身のうつ病とその闘病について公表しています。他にも、ジェイムス・ブレイクやビヨンセなど、多くのアーティストたちもこの病に苦しんでいたことを公表しています。

もうひとつ「双極性障害」があります。これはかつて「躁うつ病」と呼ばれていたものですが、パッション・ピットのマイケル・アンジェラコスやマライア・キャリー、シニード・オコナーなどがこの病であることを公表していますが、注意すべきは「うつ病」と「双極性障害」は似ていながらも異なる病だということです。異なるということは対処方法も変わってきます。

あわせて読みたい

将のプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月17日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。