新型コロナウイルス影響下での日々、これからの音楽はどうなる?

新型コロナウイルス影響下での日々、これからの音楽はどうなる?
「みのミュージックの令和ロック談義」第4回。新型コロナウイルスは史上初のサウンドトラックを伴ったパンデミックとなる(かもしれない)。

先が見えないウイルスとの戦いの中、息の詰まるような生活を強いられている方が大多数だと思われる。筆者は殆どの時間を日々音楽制作に投入する、何かに駆り立てられたような日々を行っている。

大きな社会的変化の色を反映した音楽の数々

ヴェトナム戦争は史上初のサウンドトラックを伴った戦争だとしばしば言われる。クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの「Fortunate Son」、バッファロー・スプリングフィールドの「For What Its Worth」、マーヴィン・ゲイの「Whats Going on」等、それを題材とした楽曲は枚挙に暇がない。

Creedence Clearwater Revival - Fortunate Son

直接戦争を題材にとっていない作品であっても、60年台後半から70年台初頭にかけての音楽には、ある種こうした情勢が無意識レベルで”フリ”として効いている程に感じる。これまでのジャズの秩序を破壊し、混沌とした電気音楽の轟音に舵を切ったマイルス・デイヴィス。サイケデリック・ムーブメントに属さず、現実逃避の如く田園風景を描写したキンクスなど。人間の生活全般に影響を与えるレベルの社会的変化は、時代全体の色彩を決定づけるのだ。

現在、そしてアフターコロナの音楽はどうなる?

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月29日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。