ファンの念願叶う、ザック・スナイダー監督版『ジャスティス・リーグ』配信決定

ファンの念願叶う、ザック・スナイダー監督版『ジャスティス・リーグ』配信決定
ワーナー・ブラザーズは現地時間20日、2021年に米配信サイト「HBO Max」(日本でのサービス開始時期は未定)にて、ザック・スナイダー監督による「スナイダー・カット」こと『ジャスティス・リーグ』ディレクターズカット版を公開するとアナウンスした。

ザック・スナイダー監督は声明にて、「アーティストを支援し、彼らの真のヴィジョンを実現させようとする勇気ある姿勢を見せてくれたHBO Maxとワーナー・ブラザーズに感謝したい。そして、それを実現へと導いた"スナイダー・カット"運動に関わってくれた人々へもとても感謝している」とコメントした。

マン・オブ・スティール』、『アクアマン』、『ワンダーウーマン』や、『バットマンvsスーパーマン』など多くの作品を含むDCEU(DCエクステンデッド・ユニバース)作品のファンたちは、2018年から”スナイダー・カット”の公開を求めてロビー活動を行なってきた。当時ザック・スナイダー監督は、自身の娘が亡くなったことをきっかけに、本作の監督を途中降板。ジョス・ウェドンが代わりとなり、オリジナルの映像を大幅に短縮、様々な要素を変更した作品を公開する運びとなった。ウェドンによる作品は最終的な評価も極めて低く、興行収入も予想を大幅に下回った。

しかし、ベン・アフレック、ガル・ガドットやヘンリー・カヴィルら『ジャスティス・リーグ』の主演俳優たちのサポートを受け、ここ数年続いた、ワーナー・ブラザーズへ向けた”スナイダーカット運動”(#ReleaseTheSnyderCut)のソーシャルメディア・キャンペーンが勢いを増し、ワーナー・スタジオがその運動を受け入れる形で、ザック・スナイダー監督によるディレクターズカット版『ジャスティス・リーグ』を公開するとアナウンスした。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。