スパイク・リー監督最新作『ザ・ファイブ・ブラッズ』、いまの時代を捉えた歴史に名を残す名作

       
スパイク・リー監督最新作『ザ・ファイブ・ブラッズ』、いまの時代を捉えた歴史に名を残す名作
スパイク・リー監督の最新作映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』は、先月のBLM運動が一番盛り上がりを見せたタイミングでNetflixで公開された。ローリングストーン誌の辛口映画評論家ピーター・トラヴァーズが、珍しく最高得点の5つ星をつけた本作は、まさに監督の最高傑作と言えるだろう。黒人の退役軍人たちがかつての戦地ベトナムを再訪するという戦争映画でありスリラー映画である『ザ・ファイブ・ブラッズ』は、現代の社会情勢にみごとにマッチしている。

※本記事には、ネタバレを含む箇所があります。

心に傷を負った4人の黒人退役軍人が戦死した仲間の遺骨を探すため——それが失われた過去の自分を掘り起こすことにもなる——トランプ政権時代のベトナムをふたたび訪れるという革新的な最新作『ザ・ファイブ・ブラッズ』でスパイク・リーは映画監督としてのキャリアの新しいピークを迎えた。6月12日にNetflixで配信がはじまった同作は、現在の社会情勢とみごとに呼応する。だが、リー監督は同作のリリースとジョージ・フロイドさんの暴行死に端を発する抗議デモが重なるとは、夢にも思っていなかった。それでも、リー監督は黒人が負ってきた白人警官の膝に象徴される重圧を骨の髄まで理解している。監督の怒りが込められた『ドゥ・ザ・ライト・シング』(1989)、『マルコムX』(1992)、『ブラック・クランズマン』(2018)といった作品がふたたび話題を呼んでいる理由は、そこにある。『ザ・ファイブ・ブラッズ』は、まさに手りゅう弾と呼ぶにふさわしい映画だ。でも、それだけではない。同作は監督個人の想いが詰まった奥深くも勢いに満ちた最高傑作でもある。これはまさに、”スパイク・リー・ジョイント”とスパイク・リー監督による歴史の講義だ。心して受講しようではないか。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月12日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。