ラルフ・マッチオが語る、『ベスト・キッド』続編ドラマ『コブラ会』製作秘話

ラルフ・マッチオが語る、『ベスト・キッド』続編ドラマ『コブラ会』製作秘話
拡大する(全2枚)
Netflixの『コブラ会』配信を記念し、ラルフ・マッチオが俳優人生においてもっとも有名な役をふたたび演じることになった経緯、ミヤギ役に三船敏郎を起用しようとしていたことや、映画『ベスト・キッド』のタイトル候補について語ってくれた。

「これは空手ホームドラマなんだ」とラルフ・マッチオは『コブラ会』を的確に表現した。『コブラ会』とは、映画『ベスト・キッド』(1984)の世界観をよみがえらせた『ベスト・キッド』の続編シリーズである。『コブラ会』でマッチオは、中年になった『ベスト・キッド』の主人公ダニエル・ラルッソを演じている。父親になったダニエルはカーディーラーのオーナーで、いつかはミスター・ミヤギのような”センセイ”になって未来の空手選手を育てたいと思いながら日々努力を重ねている。シーズン1と2(当初はYouTubeのために制作)がNetflixで公開され、シーズン3の公開が待たれるなか、マッチオが『コブラ会』、『ベスト・キッド』、80年代の名声との対処方法、映画『クロスロード』(1986)の栄光など、さまざまな話題について語ってくれた。

ードラマでミスター・ミヤギの家を再現したシーンがありましたが、あれには驚いたと同時に感動しました。そのときの印象は?

映画『ベスト・キッド』で使った家は売られて、取り壊されてしまったんだ。だから、パート2と3のためにコロンビア・ピクチャーズの敷地の裏に建て直さなければならなくて、そっくり同じにはならなかった。いまはロサンゼルス郊外で撮影しているけど、ほとんどがアトランタで撮影されたものだから、そこをどうするか工夫する必要があったんだ。これについては、早い段階から話し合ったよ。僕は「さて、あのときの家じゃないってことをどうやってバレないようにする? だって、そもそも別モンなんだから」と言った。でも考えてほしい。30年経ったんだ。何だって起こり得るさ!

この記事の画像

「ラルフ・マッチオが語る、『ベスト・キッド』続編ドラマ『コブラ会』製作秘話」の画像1 「ラルフ・マッチオが語る、『ベスト・キッド』続編ドラマ『コブラ会』製作秘話」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク