『ワンダーウーマン 1984』映画評:欲望と女嫌いと80年代ファッションに立ち向かうスーパーヒロイン

『ワンダーウーマン 1984』映画評:欲望と女嫌いと80年代ファッションに立ち向かうスーパーヒロイン
拡大する(全1枚)
史上最悪のならずもの国家による、企業家のセルフヘルプ的ロジックというダークなテーマを扱った『ワンダーウーマン 1984』(日本公開:12月18日~)で描かれる悪事は、まさに1980年代の象徴だ。

パティ・ジェンキンス監督の『ワンダーウーマン 1984』のオープニングシーンはひとつの教訓である。成功者への近道も、他人を踏み台にしてズルをすることも、結局はなんのためにもならない。すべては勝者不在の状況なのだ。そしてこれは、この時点では子どもで、女性が支配するセミッシラ島で暮らしている、ダイアナ・プリンスが私たちの女神・救世主ワンダーウーマンになる前に学ぶ、十分すぎるほど強固な教訓だ。ある大会でやや自信過剰になったダイアナは、馬から振り落とされるものの、賢い方法を見つけて試合に復帰する。ここであなたは、素早い思考と機転を利かすことが重要な教訓として称えられていると思うかもしれない。だが、代わりにダイアナは叱責される。正しく、より困難な方法というまっすぐな道を進め——さもなければ、道徳的にいつも遅れを取ることになってしまう。『ワンダーウーマン 1984』で徐々に姿を現す悪は、他人に適応されたときにこの教訓の価値をもう少し明確に示してくれる……。だが、半神半人のダイアナにとっての困難な道とはいったい何だろう? 彼女たちにはいつも勝算があるのだから。たしかに、情け深い存在として描くという手はある。そうでもしなければ、私たち普通の人間はお手上げだ。でも、彼女たちの独創性と機知にブレーキをかけてしまうのはいかがのものか。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ワンダーウーマン」に関する記事

「ワンダーウーマン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ワンダーウーマン」の記事

次に読みたい「ワンダーウーマン」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク