大滝詠一の楽曲に隠された変態的リズムとは? 鳥居真道が徹底考察

大滝詠一の楽曲に隠された変態的リズムとは? 鳥居真道が徹底考察
拡大する(全2枚)
ファンクやソウルのリズムを取り入れたビートに、等身大で耳に引っかかる歌詞を載せて歌う4人組ロックバンド、トリプルファイヤーの音楽ブレインであるギタリスト・鳥居真道による連載「モヤモヤリズム考 − パンツの中の蟻を探して」。第22回は山本精一が「変態リズムもの」と呼ぶ大滝詠一の作品を考察する。

去る3月21日に大滝詠一の『A LONG VACATION』(以下ロンバケ)の40周年版がリリースされました。それにともないサブスクで一部の大滝作品が聴けるようになりました。大滝詠一のファンたちは春のナイアガラ祭りに湧いているといった状況です。

関連記事:大滝詠一、全楽曲がサブスク解禁

昨日、40周年版の『ロンバケ』を聴いていたら、15年前に買った『文藝別冊』大瀧詠一特集のなかの「私的大滝詠一ベスト5」というコーナーで山本精一が「ハンド・クラッピング・ルンバ」や「びんぼう」を「変態リズムもの」と呼んでいたことを不意に思い出しました。

大滝詠一は自身の作品をノベルティ・タイプとメロディ・タイプのふたつにわけて語っています。山本精一がいうところの変態リズムものはノベルティ・タイプでよく見られます。私がノベルティ・タイプかつ変態リズムものだと思う作品は次のようなものがあります。「趣味趣味音楽」、「こいの滝渡り」、「座読書」、「お花見メレンゲ」「CIDER74」、「CIDER75」、「三文ソング」、「福生ストラット(パートⅡ)」などなど。

この記事の画像

「大滝詠一の楽曲に隠された変態的リズムとは? 鳥居真道が徹底考察」の画像1 「大滝詠一の楽曲に隠された変態的リズムとは? 鳥居真道が徹底考察」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「大滝詠一」に関する記事

「大滝詠一」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大滝詠一」の記事

次に読みたい「大滝詠一」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク