フラワーカンパニーズ、32年目の“バンドがあってよかった”夜

フラワーカンパニーズ、32年目の“バンドがあってよかった”夜
拡大する(全3枚)
2021年4月23日(金)恵比寿LIQUID ROOMにて、フラワーカンパニーズがワンマン・ライヴ「フラカンが生まれた日 – 32周年記念ライヴ -」を行い、溜まりにたまったエネルギーを爆発させて集まったファンに明日を生きる活力を与えた。

ライブ当日、Twitterを開くと、盛大にバルーンが立ち上った。そう、今日はフラカンのバースデー。32年前、鈴木圭介(Vo)、グレートマエカワ(Ba)、竹安堅一(Gt)、ミスター小西(Dr)の4人が集まり、ここまで「メンバーチェンジ&活動休止一切なし」でやってきた彼ら。その記念日を祝うべく、リキッドルームには多くのファンが集結した。フロアは足元にラインが引かれ、それぞれの枠の中で鑑賞するスタイルとなっていた。

鈴木の「リキッドルーム! 最後までよろしくー!」との第一声から、竹安が思いっきり豪快にSGをかき鳴らして、「揺れる火」からライブがスタート。2020年12月にリリースしたニューアルバム『36.2℃』のオープニングを飾る曲だ。力強い小西のドラム、マエカワの躍動感溢れるベース、ステージ前に身を乗り出して歌う鈴木。フラカンをライブハウスで観ることができる喜びが冒頭から溢れんばかりに感じられた。

続く「いましか」では、小刻みに身体を揺らしていた観客がコーラスに合わせて右手を高々とステージに向けて突き上げる。ダイナミックかつ心情をリアルに描いた楽曲に早くも胸が熱くなる。

この記事の画像

「フラワーカンパニーズ、32年目の“バンドがあってよかった”夜」の画像1 「フラワーカンパニーズ、32年目の“バンドがあってよかった”夜」の画像2 「フラワーカンパニーズ、32年目の“バンドがあってよかった”夜」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フラワーカンパニーズ」に関する記事

「フラワーカンパニーズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フラワーカンパニーズ」の記事

次に読みたい「フラワーカンパニーズ」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク