クイーンからザ・クラッシュまで、ディズニー映画『クルエラ』を彩る音楽を徹底解説

クイーンからザ・クラッシュまで、ディズニー映画『クルエラ』を彩る音楽を徹底解説
拡大する(全3枚)
エマ・ストーン主演のディズニー映画『クルエラ』(公開中)では、物語の舞台である、パンクムーブメント吹き荒れる70年代のロンドンで人気を博した楽曲がふんだんに用いられている。ロック/パンクのファンも必見の本作を、サントラ収録曲から掘り下げてみよう。

『ラースと、その彼女』、『ミリオンダラー・アーム』、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』など、個性的な映画ばかりを撮り続けてきたクレイグ・ギレスピー監督が、エマ・ストーンとタッグを組んだ新作『クルエラ』。『101匹わんちゃん』シリーズの”悪役”であるクルエラが実写映画でどのように描かれるのか、大いに注目されていた。

いざ蓋を開けてみると、舞台のロンドンはそのままに、1952年生まれという大胆な新設定が主人公に与えられている。”謎のデザイナー、クルエラ”がファッション界に登場するのはパンク・ロック・ブーム真っ只中の1977年で、彼女が25歳の時。なので、サウンドトラックも彼女が少女だった頃に耳にしたであろう60年代のヒット曲から、パンク登場前夜の70年代前半を思い出させる曲、そしてパンク世代のアンセムまで、時代性を感じさせる名曲が並ぶ。

日本版パンフレットで紹介されているアンドリュー・ガン(プロデューサー)のコメントが、何よりわかりやすく本作における音楽の位置付けを教えてくれる。「この映画に登場する音楽は、もはやそれ自体が登場人物のような存在だ。クレイグはこの映画に素晴らしいロックンロールを流しながらも、その歌詞と映画のセリフが喧嘩しないように組み込むすべを心得ている」。本編を見ればわかる通り、音楽は単なるBGMではなく各シーンを補足する役目を果たしており、映像と曲は不可分な関係にある。選曲及び音楽の使い方の”妙”は、各曲の歌詞や背景をよく知っている人ほど強く実感できるはずだ。

この記事の画像

「クイーンからザ・クラッシュまで、ディズニー映画『クルエラ』を彩る音楽を徹底解説」の画像1 「クイーンからザ・クラッシュまで、ディズニー映画『クルエラ』を彩る音楽を徹底解説」の画像2 「クイーンからザ・クラッシュまで、ディズニー映画『クルエラ』を彩る音楽を徹底解説」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ディズニー」に関する記事

「ディズニー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ディズニー」の記事

次に読みたい「ディズニー」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク