中島みゆきの救いと愛、ラスト・ツアーを瀬尾一三と語る
拡大する(全2枚)
日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2022年3月の特集は、『中島みゆき 2020 ラスト・ツアー「結果オーライ」』。今月は4週に渡り、2022年2月に発売されたライヴアルバム『中島みゆき 2020 ラスト・ツアー「結果オーライ」』収録曲を全曲紹介。1988年以来、中島みゆきのプロデューサー、アレンジャー、音楽監督を務める瀬尾一三をゲストに送る。

田家秀樹:こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人・田家秀樹です。今流れているのは中島みゆきさんの「離郷の歌」。オリジナルが2020年1月に出たアルバム『CONTRALTO』の曲です。お聴きいただいているのは先月発売になった『中島みゆき2020 ラスト・ツアー「結果オーライ」』からです。今週と来週の前テーマはこの曲です。

関連記事:中島みゆき最後の旅「結果オーライ」、瀬尾一三と振り返る

離郷の歌 / 中島みゆき

今月2022年3月の特集は「中島みゆき 2020 ラスト・ツアー「結果オーライ」」。2020年の1月から6月まで予定されていたみゆきさんのラスト・ツアー「結果オーライ」は24本のスケジュールのうち、8本を終えたところで中止になりました。2月に発売になったライヴアルバム『中島みゆき 2020ラスト・ツアー「結果オーライ」』はその記録です。今月はこのアルバムの全曲紹介を1988年以来のパートナー、音楽監督、プロデューサー、アレンジャー、瀬尾一三さんとともにお送りしております。こんばんは。

この記事の画像

「中島みゆきの救いと愛、ラスト・ツアーを瀬尾一三と語る」の画像1 「中島みゆきの救いと愛、ラスト・ツアーを瀬尾一三と語る」の画像2