日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2023年3月は中島みゆき瀬尾一三特集。
ゲストに瀬尾一三を迎え、1カ月間に渡り特集していく。今週はPART1。中島みゆき44枚目のオリジナルアルバム『世界が違って見える日』の前半を紐解いていく。

田家:FM COCOLO J-POP LEGEND FORUM案内人田家秀樹です。今流れているのは中島みゆきさんの「倶に」。3月1日発売、みゆきさんの44枚目のオリジナルアルバム『世界が違って見える日』の1曲目。
去年12月に47枚目のシングルとしても発売になりました。月9ドラマ『PICU 小児集中治療室』の主題歌ですね。シングルのカップリングは映画『Dr.コトー診療所』の主題歌「銀の龍の背に乗って」でした。

関連記事:中島みゆき、2021年に聴くべきセレクションアルバム 瀬尾一三とともに振り返る

今月2023年3月の特集は、中島みゆきと瀬尾一三・2023。ゲストは瀬尾一三さん。70年代以降の新しい音楽を手がけられたプロデューサー・アレンジャー・作曲家・音楽監督。
88年以降、みゆきさんを手がけるようになって35年。この番組は7回目の登場というゲストであります。

前回は去年3月、中島みゆきさんのライブアルバム「ラストツアー『結果オーライ』」の特集のときに来ていただきました。あれから1年ですね、新作のオリジナルが出ました。そして同じ3月1日に、瀬尾さんが手がけられた曲を集めた作品集「『時代を創った名曲たち 4』~瀬尾一三作品集 SUPER digest~」が出ました。今月は前半2週がみゆきさんのアルバム『世界が違って見える日』、後半2週が『時代を創った名曲たち 4』全曲のご紹介を語っていただきます。
こんばんは。

瀬尾:こんばんは。年の行事みたくなりましたね。

田家:1年ぶりですね。今週来週は『世界が違って見える日』の話を伺っていこうと思うんですが、タイトルはいつごろ決まったんですか?

瀬尾:彼女の中ではもう決まっていたと思うんですけど、スタッフ側に伝えてくれるのがギリだったので、録音している最後のぐらいに僕に教えてくれました。

田家:タイトルを聞かれたとき、どう思いました?

瀬尾:僕の考えですけど、タイトルっていろんな使い方があると思うんです。
代表曲をタイトルにしてしまう、それからイメージをタイトルにする。もう一つ僕の考えとしては、今回10曲入っているとしたら、11曲目の曲タイトルをタイトルにする。

田家:11曲目にこういう曲のタイトルがあるかもしれないかもしれないっていう。

瀬尾:あるかないかというより、次を期待させるか、それともみんながどういうふうに使って作っていくかという。だからみんなで作ればいいんです。

田家:アルバムを全部聴き終わった後に、あなたはどんな曲をお作りになりますか?と。


瀬尾:あくまで想像ですけど。

田家:また宿題が出ましたね(笑)。

瀬尾:あははは。みゆきさんは宿題を出すの好きですから。

田家:今週と来週はアルバム全曲の話を伺っていこうと思うんですが、まずはこの曲をお送りしたいと思います。1曲目「倶に」です。


倶に / 中島みゆき

田家:人偏に具と書いて「とも」って読むのは知らなかったです。

(※「倶(とも)に」:正しくは ”倶” は旧字体表記)

瀬尾:4文字で使用されているのもありますけれど、この字を当ててくるというのはとてもすごいなと思いました。やっぱり試されているので、いつも怖いんですよ。

田家:あはは。始まり方はシンプルで、途中から舞台が変わっていきます。

瀬尾:テレビの主題歌用に作ったと思われがちなんですが、アルバムを作るときの曲の中にもう入っていたんですよ。だからこのドラマに合わせて作ったわけじゃないんです。内容もあらすじとかいただいて、僕もそれを読んだときに水というのがヒントになって。熱いわけでもない冷たいわけでもない。それはもしかしたら母胎の中だと思って。それをイメージして冒頭を作ったんですけど、どんどん盛り上げていかなきゃ駄目なのは彼女の歌い方がそういうふうになっているからで、歌に合わせるように考えて。はじめは大サビ前のブレイクもなかったんですけど、最後のブレイクを作ったりとかして。

田家:それから舞台のような広がりをみせる。

瀬尾:突然スケール感が広がりますからね。断崖に立ったところで止まって、ブレイクして、そこからジャンプして次のところに行くイメージで作ったんですけどね。

田家:走り出すだけじゃなくて一緒に飛んだ。

瀬尾:立ち止まっちゃ駄目だし、その崖を飛びこさなきゃ駄目なので。一瞬、ん?ってなって、倶に飛ぼうってなるイメージで作ったんです。

田家:「風前の灯火」っていうのはいろんなニュアンスがあるんでしょうけど、俺たちのことか!みたいな感じがちょっとありましたね(笑)。

瀬尾:それは身にしみますけどね。この「風前の灯火」は、もしかしたら年代関係なく、最後までちゃんとやり抜こうっていうか。彼女もある程度妙齢を越した歳になってますので、近い人が亡くなったりとか、いろんなこともあったんでしょうね。こういう今の状況だから、直接に会えなくてもそういうのを感じながら、お互いの生存確認というか、僕とあなたみたいな関係ですけど、それでも最後まで行こうっていう。

田家:走り出そうっていうのが、『親愛なる者へ』の1曲目「裸足で走れ」にもありましたけど、今走れというふうに歌えるのがいいなと思いました。

島より / 中島みゆき

田家:アルバムの2曲目「島より」です。2021年に工藤静香さんに書いた曲で、ラストツアー以降の曲ってことですね。これ工藤さんに書いたときも瀬尾さん。

瀬尾:そうです。工藤さんヴァージョンも僕がやりました。

田家:2021年頃、こういうアルバムとして出すみたいな話もあったんですか。

瀬尾:その時は具体的にアルバムを作るって話はなかったですね。コロナ過にスタジオで集合してミュージシャンスタッフがいるところに中島さんを連れてくるのがまだだなと思っていたので、もうちょっと待とうかなっていうのがあったんですけど。

田家:工藤さんのレコーディングのときはみゆきさんいらっしゃっていたんですか?

瀬尾:全然。こちらだけでやりました。

田家:工藤さんの曲アレンジされたときはどんなイメージだった?

瀬尾:工藤さんのときに中島さんが僕に言ったのは、どこか東南アジアの方の島にしてほしいってことで。だから間奏でちょっとガムラン的なものとかを少し匂わせたりとかしてたんですけど、今度はもうちょっと中国に近い方がいいって言って。ベトナムの沖とかマレーシアの沖?みたいな。どっちにしても東南アジアなんですけどでも、工藤さんの島ではない島にしてくれって言われたので、苦肉の策で胡弓を入れました(笑)。

田家:島というのが何か関係あったんですか?

瀬尾:それはわからないです。一緒に仕事し始めた88年ぐらいに質問して大恥かいたことがあるので(笑)。それからあまり質問はしないように、全て受け入れるという形でやっているので、その辺のところはよくわかりません。

田家:なるほどね。あまり聞かない方がっていうのはあるでしょうね。

瀬尾:作品を聞いてイメージしてくれればいいのに、説明することによってイメージがどんどん限定されていくわけじゃないですか? 彼女は元々曲の説明をしてない人なので。それはファンの方だけに向けてなくて、僕にも説明してくれない(笑)。あくまで彼女はデモまで録ったら、あなたは何を感じて作るの?って試験を受けてるみたいなものなので。下手に質問して「はあ?」とかって言われたら怖いんで質問しません(笑)。

田家:手紙、文にも「島より」としか書いてなかったわけですから、どこの島か聞いちゃいけないんですよね。みゆきさんと工藤さんの相性は瀬尾さんどうお考えなんですか?

瀬尾:工藤さんが中島さんを慕ってくれている、尊敬している感じはよくわかりますけど、とか中島さんも「工藤さんなら書くわ」って感じなので頼まれたら書きますね。

田家:例えば、声だとか歌の表情だとか自分と違うところに魅力を感じている?

瀬尾:それがあると思いますね。自分の歌を自分ではない表現の仕方、それはいろんな方が中島さんの歌を歌ってくれていますが、工藤さんが歌っているのが中島さんとしては新鮮に入ってくるんでしょうね。

十年 / 中島みゆき

田家:『世界が違って見える日』の3曲目「十年」。これはクミコさんに2007年に提供した曲ですね。

瀬尾:そうなんですね。

田家:そうなんですねっていう感じですか?

瀬尾:僕は全然関与をしてなかったので。

田家:あのときは坂本昌之さん。

瀬尾:だから本当に申し訳ないんですけど、クミコさんヴァージョンは聞いてません。嫉妬なんでしょうかね(笑)。

田家:(笑)。今回はシャンソン風ですもんね。クミコさんヴァージョンは逆に、シャンソン歌手なのにシャンソン風じゃなかった。

瀬尾:それはアレンジした坂本くんに聞いてください(笑)。

田家:今回シャンソン風にしたのは?

瀬尾:中島さんとシャンソンが乖離しているわけじゃないと思うんですよ。申し訳ないけどさっき言ったようにクミコさんのバージョンを聞いたことがないので、僕は新曲としてやっていて。僕がデモを聞いたイメージだけでやっているので。こういう男女の恋愛の過程がシャンソンは結構多いですから。そういうのを歌っている。だからある意味、こういうふうに彼女がやりたかったんだなっていうのを僕が色をつけただけのことなので。

田家:瀬尾さんの中でシャンソンとはどういう距離なんですか? いろんな音楽やってらっしゃいますが。

瀬尾:フランス映画とかイタリア映画が流行ったときにシャンソンもスタンダードで聴いていたし、僕の中ではイタリアのカンツォーネもそうで。スペイン語も、結構いろんな音楽を中高大学と聞いてたので、そんなに僕の中で区別がないんですよ。

田家:そういう意味では、みゆきさんでこういうものをやってみたかったというのもあるんでしょうか?

瀬尾:僕がやりたいというより、彼女が歌うのにどう合わせていくか。彼女の歌の主人公の背景をどうしようかって。ジャンルがこれだからこうとかって結び付け方はないです。

田家:アルバム1曲目、2曲目、3曲目、みゆきさんの歌い方も違いますよね。

瀬尾:そうですね。今回はこう来るのかなと思いましたね。これは詳しくは言えないんですけど、なるほどねっていう感じで。

田家:なるほどなぁってことで言うと、並木っていう同じ言葉、同じ条件だから時間が変わっているんでしょうね。淡々と始まっていながら感慨が深くなってくのがアレンジでわかる。

瀬尾:それはありがたいですね。同じシチュエーションっていうか、近くなり遠くなりしながら。でもシーズンと年が変わっても同じように歩いてる感じしません? 2人の男女が久しぶりに会ったのか、最後10年ぶりに会ったのかもしれないけども、一つのショートフィルムみたいな感じがすると思うんですよね。

田家:2番の歌が始まる前に転調されて、あれから10年みたいなセリフが入った感じがしますよね。

瀬尾:あははは。テロップが入る感じですもんね。

田家:メランコリックなサックスが入ったりする。この辺の細やかさ。

瀬尾:そう言ってくださればいいんですけど、自分の中の引き出しの中にはなかなかなくて。これはソプラノサックスだなみたいな感じで決めちゃったんですけどもね。

田家:10年っていう長いか短いかって感じがとてもよく出てるなと思ったりもしました。

乱世 / 中島みゆき

田家:アルバムの4曲目「乱世」。タイトルにびっくりしました。

瀬尾:初めちょっとディストピアっぽく始めているんですけど、どっかの工場地帯の感じっていうかメタリックな感じで。そこに子供がずっといて歌うって感じでやっていて。途中でビートが入ってから本人が歌うっていう。

田家:イントロでは、子供が焼け跡の中で歌っている風景が見えるというか。

瀬尾:無人の機械だけがあるというか、ちょっと荒廃したところにモノローグのようにいて、それから本人が歌うような感じ。いろんな感情が入って歌う。ある意味、アニメーションみたいに表情も何もないようなイメージでやっていました。

田家:デモテープはどういう感じだったんですか?

瀬尾:歌い方から僕もイメージするので、ちゃんと区別して歌っていましたよ。

田家:歌詞の「逆らってた 苛立ってた 歯向かってた とんがってた」って、これはそういう主人公がいる設定なんですかね?

瀬尾:無表情の子供が実はこれなんです。今の子供たちも、みんないい子たちだけど、変なところでSNSで暴れたりしてるっていうか。外見と中身が違うってことですよね。本当はみんないい子なんだろうけど、通過儀礼が必要というか。今の世の中もっと差が激しくなっている。抑圧されるじゃないですか。だから違うところで出てしまうのかもしれない。僕や田家さんの子供時代より今の子どもの方が大変かもしれない。僕たちは結構のんびりというか、戦後だったから結構ののほほんできたわけじゃないですか。自由にさせてもらったし、主義が変わったし。でも今はいろんなものにがんじがらめ。生活もがんじがらめ。友達の顔も見たことがない人たちが多くなってるわけじゃないですか。

田家:コロナで、学校に来てるのにマスク越しの顔がわからない。

瀬尾:マスクをとったら恥ずかしいとか。そういうものも含めて今乱れてますよね、世の中が。

田家:今の方が乱世だって歌だと思って聞くと、かなり違って聴こえます。

瀬尾:どうでしょうかね。こうやって言うとまた後で怒られるからあまり言いませんけど(笑)。

田家:今瀬尾さんがおっしゃった通過儀礼っていうのが、とってもいい言葉だなと思ったんですよね。

瀬尾:このぐらいいいだろう?が僕たちは許された時代だったわけですね。今の子供たちというか青少年というから見れば乱世でしょう。

田家:なるほどね。瀬尾さんがおっしゃった少年がいて、3番が今の世の中だとか出来事に対してちょっと俯瞰して歌っているっていうことなんだなと思ったりしました。この「誰のものでもない」っていうはどういう意味が?

瀬尾:俯瞰なんですよね。いろんなことが現実に起きていても、そこで常にすったもんだして生きてる人間は世の常というか。今までもずっとそうだったよなって。風とかそういうものは有史以前から変わってないけど、地上ではこういうことが起きていて常に乱世。でも空はいつも変わらない。目先のことで生きているのに精一杯なので、それを乱世と言っていると思います。

体温 / 中島みゆき

田家:みゆきさんのアルバム『世界が違って見える日』の5曲目「体温」。アルバム発売の前にいろんなニュースが流れてきました。拓郎さんがみゆきさんのアルバムに参加した。それがこの曲です。

瀬尾:拓郎さんが自分でバラしちゃいましたね(笑)。黙ってられない人なので。

田家:本当は言わないでおこうと思っていた?

瀬尾:僕としては、カメオ出演的に、映画で言えばクレジットも出てないような感じで。ヒッチコックが通行人で出るみたいな感じぐらいで、渋いねってやりたかったんですけど、拓郎さんが喋っちゃいました。僕の最初の思惑とは全然違うんですけども。

田家:でも瀬尾さんがおっしゃらないと、こういう参加はないわけだから。

瀬尾:僕と吉田さんのいつもの生存確認メールをやってるときに、中島さん今レコーディングしてんの?って聞いてきたんで、してるよと言ったら、ギター弾いてもいいよって。

田家:拓郎さんの方から言ってきた?

瀬尾:そうなんですよ。コーラスをやってもいいし、ハモるしって。本当にやる?って言ったら、いいよって言うから、中島さんと相談して、どの曲がいいかなと思って。勝手にぱぱっとやって、じゃあとよろしくって帰ってしまいました(笑)。

田家:みゆきさんが何のときか、拓郎さんがギターを弾きたいって言っていて、ラジオのお便りコーナーか何かでみゆきさんが「あの人が1曲で帰るわけないじゃない」とかって言われていましたね。

瀬尾:いろいろと考えていたんですよ。たらればの話なのでどうしようもないんですけど、実はラストツアー『結果オーライ』でどっかで引っ張り出そうと思ってたんです。それができずじまいだったので。そういうことも吉田さんと話していたので、その機会も含めてこの1曲やってもらって収めていただこうということになった。

田家:でも、アルバムの中では割と明るめですよね。

瀬尾:そうですね。ただアイロニー、とても皮肉っぽいですけどね、今の世の中に。

田家:しかもウォールオブサウンドっぽいサウンドに拓郎さんが入るっていうのもね。

瀬尾:彼としてもDフラットってギターで弾きにくいので、カポしてCでやってって言われて。譜面を書き直してって言うから全部書き直して、お願いしますって言ってやってくれましたけど。

田家:あの2人が一緒にスタジオにいるところで感慨深くなったりは?

瀬尾:特別感慨深くはないですね。2人ともそんな時代というのはもう終わっちゃったというか、僕たちもいつ鬼籍に入っても構わない状態なので楽しくやるしかない(笑)。会ったときぐらい楽しくやりましょうって。

田家:拓郎さんライブ活動引退ってことで、特に何かってことは?

瀬尾:ないですね。というか、過去にも何回も引退なさったことがあるので、本当の引退かどうか僕の中で信じてないんで。

田家:実は僕もです(笑)。来週はアルバムの後半をご紹介していただこうと思います。来週もよろしくお願いします。

瀬尾:よろしくお願いします。

流れているのは、この番組の後テーマ竹内まりやさんの「静かな伝説」です。2021年、22年、23年と、まだどこか時間が止まっちゃった感じがしていて、あれは何年だっけなみたいな気分なんですが、去年のアルバムラストツアー『結果オーライ』が出て、瀬尾さん1年ぶりの登場なんですね。ツアー自体は2020年2月に中止になったので、3年空いているわけです。3年あればオリジナルアルバムが作れる十分な時間ではあったとは思うんですけど、この状況ですからね。いろんなことがあった中で、今度のアルバムはどういうアルバムになるだろう。もちろん世界もそうですし、みゆきさんも1回ああいう形でピリオドを打った後のアルバム。どんなアルバムになるのかなと思ってタイトルを見てですね、ちょっとびっくりしましたね。

『世界が違って見える日』。今までこういう日本語のタイトルっていうのがあんまりなかったですからね。しかも拓郎さんが、これは瀬尾さんの話の中で本人が喋っちゃったんだと言っていましたけども、拓郎さんが引退するにあたって、中島みゆきさんのアルバムに参加したっていう、いろんな意味で期待・想像が膨らんでたわけですが、こういうアルバムになりました。音楽を語ることの意味、役割っていうのはこういうことなんじゃないかと思わされながら瀬尾さんのインタビューを聞いておりました。サブスクになって音楽が単体でバラバラで聞かれるようになって、アルバムのテーマとかアルバムの流れとかアルバムのストーリーがあまり語られなくなってくる中で、今回の『世界が違って見える日』はまさにアルバムですね。イントロから最後まで何の無駄もなくて、全てに意味ある。そんなアルバムです。

1曲目の「倶に」の「風前の灯火だとしても 消えるまできっちり点っていたい」。これはいろんな解釈があるでしょうが、僕らの歌でもあるんだろうなと思いながら来週は後半に臨みたいと思います。

<INFORMATION>

田家秀樹
1946年、千葉県船橋市生まれ。中央大法学部政治学科卒。1969年、タウン誌のはしりとなった「新宿プレイマップ」創刊編集者を皮切りに、「セイ!ヤング」などの放送作家、若者雑誌編集長を経て音楽評論家、ノンフィクション作家、放送作家、音楽番組パーソリナリテイとして活躍中。
https://takehideki.jimdo.com
https://takehideki.exblog.jp
「J-POP LEGEND CAFE」
月 21:00-22:00
音楽評論家・田家秀樹が日本の音楽の礎となったアーティストにスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出す1時間。
https://cocolo.jp/service/homepage/index/1210

OFFICIAL WEBSITE : https://cocolo.jp/
OFFICIAL Twitter :@fmcocolo765
OFFICIAL Facebook : @FMCOCOLO
radikoなら、パソコン・スマートフォンでFM COCOLOが無料でクリアに聴けます! 
cocolo.jp/i/radiko