【特集】柴を介護する#1〜柴は認知症になりやすい犬種トップ!獣医師に聞く予防法から心構えまで〜

獣医療の進歩や良質な食生活などにより、近年はペットの高齢化が進んでいます。内臓が強く、中型犬の中では長生きだと言われる柴犬は、特に“要介護”になりやすい犬種。いつかはやってくる我が子の老後に、精一杯の愛を注げるよう心の準備をしておきたいもの。そこで今回より、介護をテーマにした特集がスタートします。

記念すべき第一回目は、特に柴犬がなりやすい“認知症”がテーマ。シニア犬&老犬介護医療のエキスパート・『キュティア老犬クリニック』の佐々木彩子先生にお伺いしました!

【特集】柴を介護する#1〜柴は認知症になりやすい犬種トップ!獣医師に聞く予防法から心構えまで〜

動物医療や飼育環境の進歩で愛犬の寿命は延びました。しかし、“加齢”は決して止められるものではありません。

寿命が延びたぶんシニア期が長くなり、人間と同じような《認知症》を発症する犬も少なくないのが現状です。

徘徊、夜鳴き、昼夜逆転、トイレの失敗など、目の当たりにすると「あれ、もしかして…?」と不安になってしまう、愛犬の変化。

いち早く気づいて、愛犬とのハッピーライフのためにやれることを実践しましょう!

そこで今回は、柴犬と認知症の意外な関係性から、知っておきたい認知症の初期症状や治療法、オーナーさんの心構えまでを、シニア犬&老犬介護医療のエキスパート・キュティア老犬クリニックの佐々木彩子先生にお伺いしました!

【キュティア老犬クリニックとは】

【特集】柴を介護する#1〜柴は認知症になりやすい犬種トップ!獣医師に聞く予防法から心構えまで〜

佐々木彩子(ささきあやこ)獣医師

西洋医学を尊重しつつも、東洋医学の考え方に基づいた各症状の緩和ケア、リハビリ、介護医療を専門とする動物病院。


あわせて読みたい

柴犬ライフの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月18日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。