帰宅したパパを情熱的に歓迎するきょうだい犬とそんなことより早くごはんがほしい柴犬。温度差ありすぎか
拡大する(全5枚)

柴犬たちに悪気はないのです。ただ、彼らってちょっと素直すぎるところがあったり、飽きっぽいところがあったりして…。だからツンデレな性格なんて言われることがあるのですが、本当にその通りなのですよ!

パパさんが帰宅! ところが…

まずは、柴犬のアキ。きょうだい犬のパグのラルは、帰宅したパパさんを歓迎中。抱きついて「お帰り! 大好き!」と大興奮です。

ところが背後でそんな情熱的なイベントが行われているというのに、アキといったら…。

「そんなことより、ごはんちょうだい!」。

帰宅したパパを情熱的に歓迎するきょうだい犬とそんなことより早...の画像はこちら >>

出典:Twitter(@ral_aki)

そんなことより…って。今はパパさんの帰宅を喜ぶ時間ではないの…?

ところが残念ながら、アキの関心は完全にごはんへ。パパさんが何度呼んでも、無視だったそう。

ラルとの温度差に笑ってしまいますね。あまりにも柴犬らしい反応で、むしろ愛おしいよ!

雪遊びに飽きたらしい

お次は、雪遊びを楽しんでいる歩子。オーナーさんに何度も雪玉を投げてもらったみたい。

それなのに、飽きてしまうとこの通り。

(いや、もういいわ…)

帰宅したパパを情熱的に歓迎するきょうだい犬とそんなことより早くごはんがほしい柴犬。温度差ありすぎか

出典:Twitter(@poco0529)

オーナーさんが投げた雪玉は、アッサリと落下。さっきまであんなに盛り上がっていたのに!?

飽きるのはしかたがないけれど、もう少し「楽しかった! ありがとう」感があっても…。

でもクールに振る舞っていながら、心のなかではそう思っていることでしょう。ええ、きっと!

チュウをされて、このお顔

最後は、黒柴のぎん。ぎんのことを愛してやまない娘さんが、チュウをしてくれたようです。

これは微笑ましい光景を期待してしまう! …と思いきや。

(…!?)

なんという顔をしているのよ。驚きすぎでしょ。

どうやらこのリアクションはたまたまではないようで、いつも見事な顔芸…いえ、表情を見せてくれるのだとか。

こんな顔をされたら、可愛くてまたやりたくなってしまいますよね…!

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「そこから入っちゃダメよ。ごめんなさいね」やんわりと幼児と距離をとる柴犬がいい顔してる

この記事の画像

「帰宅したパパを情熱的に歓迎するきょうだい犬とそんなことより早くごはんがほしい柴犬。温度差ありすぎか」の画像1 「帰宅したパパを情熱的に歓迎するきょうだい犬とそんなことより早くごはんがほしい柴犬。温度差ありすぎか」の画像2 「帰宅したパパを情熱的に歓迎するきょうだい犬とそんなことより早くごはんがほしい柴犬。温度差ありすぎか」の画像3 「帰宅したパパを情熱的に歓迎するきょうだい犬とそんなことより早くごはんがほしい柴犬。温度差ありすぎか」の画像4
「帰宅したパパを情熱的に歓迎するきょうだい犬とそんなことより早くごはんがほしい柴犬。温度差ありすぎか」の画像5