縄文時代へのタイムスリップを通して描く「若者の持つ可能性」

縄文時代へのタイムスリップを通して描く「若者の持つ可能性」
       

群馬県嬬恋にある「縄文の家」にキャンプに訪れた大学生21人と中学生32人。
楽しくなるはずだったサマーキャンプだったが、その最初の夜にとてつもない事件が起こる。今までに体験したことのない強烈な轟音と激震。そして彼らは縄文時代にタイムスリップしてしまっていた――。

『異世界縄文タイムトラベル』(幻冬舎刊)は縄文時代にタイムスリップしてしまった団結やいさかい、新たな友人との交流、社会の進化などを通して成長していく若者たちと、彼らが真実に辿り着くまでの冒険を描いたSF小説だ。

本書の作者である水之夢端さんはなんと現役の大学教員で、経済学を講義しているという。なぜ本作を執筆したのか? そして水之さんの想いとは? お話をうかがった。

(新刊JP編集部)

■「若者たちが自分たちに考え、自律的に動けば、新しい日本を創っていける」

――『異世界縄文タイムトラベル』についてお話をうかがえればと思います。本作は大学生と中学生たちが縄文時代に行ってしまうというタイムスリップモノのSF小説です。このテーマのモチーフから教えていただけますか?

水之:現代の若い人たちはデジタルに頼りすぎていて、Face to Faceではない生活をしているように思います。さらに昔の若者よりも保守的になりすぎているきらいがありますよね。

ただ、日本人の若者たちはもともと変革を志す性質を持っていたはずです。明治維新を成し遂げられたり、渋沢栄一によって近代資本主義が発展できたのは、そういうDNAを持っていたからなはずなんです。


当時の記事を読む

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月20日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。