オンライン就活の時代到来!オンライン面接で知っておくべき鉄則とは?

オンライン就活の時代到来!オンライン面接で知っておくべき鉄則とは?
       

2020年、新型コロナウイルスの影響は社会の各所に確実に及んでいる。就職活動もその一つで、面接や説明会が今までとはやり方も変わり、オンライン化へと移行している。

ただし、「人が人を選ぶ」という面接の本質は変わらない。今までの面接対策も役に立つはずだが、それに加え、これからの就活はオンライン面接ならではのノウハウを身につけることも必要となる。

■オンライン面接で自己アピールするための6つの鉄則

『オンライン就活は面接が9割』(瀧本博史著、青春出版社刊)では、オンライン面接で120%の力を出し切るための面接準備術や本番の対策法を解説。また、自己分析の方法やエントリーシートの書き方も紹介する。

では、オンライン面接で注意すべき点は何なのか。本書によると、それは「カメラ目線の使い分け」だ。対面の面接では、面接官の表情を確認しながら話すことができるため、学生は全身を使って、相手の反応を見ながらアピールすることができる。一方、オンラインでは、全身を使ってアピールすることが難しく、真剣さを伝えるには目線をカメラに向けたときだけとなる。なので、テレビ局のアナウンサーのように、緩急をつけて効果的に目線を合わせたり、外す練習が必要となるという。このとき、カメラを下から映すと、面接官に上からの目線を与えてしまうので注意が必要。

また、オンライン面接ならではの6つのルールがあるという。

1.最初のあいさつが面接の明暗をわける
オンライン面接では、「ノックして扉を開けて…」という入退室がないので、第一印象はオンラインでつながった瞬間に交わされる「最初のあいさつ」となる。時間帯を考えて「おはようございます」「こんにちは」と、爽やかな声がけを心掛けるようにする。


あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月25日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。