コロナ禍でも活況のからあげ市場 「聖地」中津の名店オーナーの経営哲学

近年、街に増えているからあげ専門店。
からあげ市場の売り上げに目を向けると、2019年の853億円から、コロナ渦にもかかわらず、2020年には1053億円に増えている。外食産業が大ダメージを受ける中でも、からあげの売り上げは上がっているのだ。(参考記事:唐揚げ市場が1000億円超えの急拡大 専門店とスーパー、強味と弱味は?https://news.yahoo.co.jp/byline/ikedaeri/20210510-00233784/)

からあげ市場の活性化に伴い、専門店の数も増えるなか、「からあげの聖地」と呼ばれる大分県中津市で、「からあげ専門店 げんきや」を営むのが『史上最大のからあげ革命 - 日本の食文化を大きく変えた大分県の小さな専門店の挑戦 -』(ワニブックス刊)の著者でもある井口泰宏氏だ。

■からあげの名店・げんきやが起こした「ムネ肉」の革命

げんきやは、2018年「第9回からあげグランプリ(R)」の「西日本しょうゆダレ」部門で栄誉ある最高金賞を受賞したからあげ専門店の名店。げんきやの最大の特徴は、パサパサしがちなムネ肉にこだわって勝負をしていること。生物学の研究者である義弟にアイデアを出してもらい、井口氏はムネ肉を柔らかくする研究に没頭。柔らかくして美味しいムネ肉から揚げを作る独自の理論に辿り着く。それに合わせ、秘伝のタレを完成させ、からあげの本場でも軽んじられていた部位である「ムネ肉」で革命を起こし、げんきやを人気店まで成長させた。


当時の記事を読む

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月15日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク