栄えるものは、いつか衰退する。それは事業も同じで、永久に成長し続ける事業はない。ビジネスを取り巻く環境は常に変化し続ける。時にはその環境がガラリと変わることもある。

近いところでは、新型コロナウイルスの感染拡大を原因とする緊急事態宣言、外出自粛、休業要請、入国制限などによって、壊滅的な影響を受けた業界があった。飲食業界や旅行業界はその最たる例であり、多くの企業がその影響を受けた。

それだけではない。人口構造の変化、外国資本の台頭、AI化など、環境の変化をもたらす要素は数多くあり、これから未知のものも登場するだろう。こうした変化に対して、自分の身を守るのは自分しかいない。経営者は事業の再構築や新規事業を常に模索する必要があるのだ。

では、実際に「事業の再構築」「新規事業の展開」を進めていくにはどうすればいいのか。

経営コンサルタントの中野裕哲氏による『「事業の再構築」を考えたときに読む本』(日本実業出版社刊)は、ノウハウを教えてくれるとともに、実際に検討するための思考のフローを整理してくれる一冊だ。

本書では、順を追って事業再構築の考え方と実務のフローを説明している。その手順は下記の通りとなる。

①現状の把握・分析をする
②どのように変えることができるか考える
③新しいビジネスを具体的に仮説・検証する
④集客・マーケティング戦略を考える
⑤活用できる補助金・助成金を調べる
⑥資金計画を練ってみる
⑦計画全体を事業計画書に書き出す
⑧実行計画・個別相談をする