サザエさん一家は“伝統的な家族”の姿なのか? 「日本の伝統」を疑う

サザエさん一家は“伝統的な家族”の姿なのか? 「日本の伝統」を疑う

私たちはさまざまな「伝統」と呼ばれるものに囲まれて生活を送っている。そんな「伝統」はなんだかありがたいものと思ってしまいがちだが、本当にそれが古くからある「伝統」だと疑ってかかった方が良いのかもしれない。

そんな日本の伝統に切り込むのが、『「日本の伝統」の正体』(藤井青銅著、柏書房刊)だ。
本書では、初詣、神前結婚式、大安・仏滅、三世代同居といった「日本の伝統」はいつ、いかにして創られ、日本人は受け入れてきたのかを考察している。

■サザエさんは伝統的な「家族の形」と言えるのか?

かつては大家族、三世代同居という家族が多かった。サザエさん一家がその代表的な例だろう。では、そんなサザエさんファミリーは伝統的な日本の家庭の姿と言えるのだろうか?

1920年に行われた第1回国勢調査によると、日本の家族構成は、「核家族」54%、「拡大家族」31%、「単独世帯」6.6%だった。それから95年後の2015年の第20回国勢調査の結果では、「核家族」55.9%、「拡大家族」9.4%、「単独世帯」34.6%という結果になっている。

「拡大家族」はほとんどが「三世代同居」だろう。その家族形態は約100年の間に31%から9.4%になっている。だいぶ減ってしまった。

では、核家族はどうだろう。この1920年と2015年のデータだけ見れば、ほぼ横ばいだ。実は、核家族のピークは1975年調査の63.9%。これは団魂の世代が結婚して家族を持った時期である。


あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る 2018年1月17日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら