ちょっとの違いが差を生む。デキる大人の言葉の選び方とは

ちょっとの違いが差を生む。デキる大人の言葉の選び方とは

言葉の使い方を少し変えるだけで、相手の受け取り方や気分も変わるもの。言葉選びひとつで、人間関係は良くも悪くもなる、というのは、会社や学校など集団の中にいると日々感じることである。
では、人間関係を良好に保つためにどんな言葉を使えばいいのか。

『一瞬で「信頼される人」になる! できる大人のことばの選び方』(松本秀男著、青春出版社刊)では、日本ほめる達人協会・専務理事の松本秀男氏が、言葉のちょっとした言い換えによって驚くほどの良い結果を引き寄せる60の実例を紹介する。

■「仕事ができるね」→「欠かせない人だね」

「〇〇さんは仕事ができるね」は、よく会社で使われるほめ言葉だが、悪く言えば「ありきたり」でもある。これを少し言い換えて「〇〇さんは欠かせない人だね」と言い換えてみよう。

「仕事できるね」は人と比べたほめ方である一方で、「欠かせない人」は相手の存在自体の素晴らしさを伝えてる言葉である。こちらの方がほめ方としてはより深く心に響く。なくてはならない存在であることを伝えることで、受け取る側は、自分がほめられている裏に「仕事ができない誰か」の存在を感じることなく、素直に自分に向けて言ってくれた言葉だと感じることができるのだ。

■「ありがとう」→「ありがとう!嬉しいなあ」

感謝の気持ちを伝える言葉「ありがとう」は最上級のほめ言葉でもあり、言われた相手を幸福な気持ちにする。また、相手に感謝できる自分を感じることができ、自分の心にも幸福感が残る言葉でもあるのが「ありがとう」だ。


あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ちょっとの違いが差を生む。デキる大人の言葉の選び方とは」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    あ、おはよう:自分の存在に気が付いていなくていきなりあいさつされてびっくりしてるのか挨拶が面倒なのかなと思った。

    1
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月9日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。