3000キロの旅の末に捕獲され食べられる 絶滅危機のウナギの生涯

3000キロの旅の末に捕獲され食べられる 絶滅危機のウナギの生涯
       

悔やんでも取り返しのつかないことを悔やんだり、まだ起きていない未来のことを不安に感じたり…。

私たちが生きられるのは「今」のこの一瞬だけ。しかし、それでも過去を思い出したり、未来を想像せずにはいられないのが人間だ。こうした想像力は人間だけが授かった特権だが、想像力によって不安にさいなまれたり、過去を悔いて苦しんだりするのも、また人間だけである。

一部の哺乳類を除いた動物や魚、昆虫など他の生き物はそうではない。さまざま生き物たちの生涯と死にざまを紹介する『生き物の死にざま はかない命の物語』(稲垣栄洋著、草思社刊)をひも解くと、種に組み込まれた本能に従い、「今この一瞬」だけを生きる生物たちの姿が浮かび上がる。

■3000キロ泳いだ末に捕獲され食べられる 絶滅に瀕するウナギの生涯

たとえば、「土用の丑の日」でスーパーなどに並ぶウナギ。食卓に並ぶウナギの99.7%は養殖されたものだが、産卵・ふ化から成魚になるまで養殖する「完全養殖」はまだ実現していない。河口に集まってきたシラスウナギを捕獲して、養殖するのだが、河口にやってくるまでのシラスウナギの生涯は地球規模の長い旅だ。

そもそも、川魚として知られるウナギだが、産卵場所は海である。その場所については21世紀に入るまでわかっていなかったが、ニホンウナギの産卵場所は、日本から南に3000キロも離れたマリアナ諸島沖の深海だということが明らかになっている。ちなみに、ヨーロッパウナギは、大西洋の真ん中のサルガッソー海で産卵する。


あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。