終電逃がして困ったときの野宿法

終電逃がして困ったときの野宿法
拡大する(全1枚)
 野宿、したことありますか? 例えば飲みすぎて終電を逃がしてしまったとき、旅行先で宿がとれなかったとき…。今ではマンガ喫茶に宿泊するということもできますが、お金がないというときに、経済的に済ますことが出来るのが野宿です。

 しかし、野宿をしたいと思っても、なかなかその一歩を踏み出せないのも事実。今回は草思社から出版されている『野宿入門』(かとうちあき/著)と、三一書房から出版されている『野宿大全』(村上宣寛/著)から、初心者の野宿法をご紹介します。



(1)寝場所の見つけ方
 「死角を探せ!」(『野宿大全』より)…宿泊地発見の根本原則は1つ、死角を探すことです。人間は決まりきった道しか通りませんし、夜間ならばなおさら、人通りが途切れる必ず場所があるはずです。じっくり観察しましょう。

(2)寝るときに注意したいこと
 「下に敷くモノは重要である!」(『野宿入門』より)…野宿をするときに油断しがちなのが下に敷くモノ。コンクリートは意外と冷たく、夏以外は直で寝ることをオススメできません。新聞紙や段ボールなどが有効です。

(3)必ず確認したいこと
 「使えるトイレをチェックしよう」(『野宿入門』より)…これは自論なのですが、旅行先では必ずデパートの位置を確認すべきです。そこには必ずトイレがあるからです。野宿時も同様。いつ体調を壊すとも限りません。自らの身を大事にするためにトイレの位置は必ず確認したいところです。
新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク