なぜ女性漫画家の自画像は本人に似ていないのか?
拡大する(全1枚)
 中村うさぎさんのエッセイはとても“エロ深い”んです。身近な話題ばかりで、あまりに面白いため、スラスラ読めてしまうのですが、読めば読むほど味が出る、まるで噛めば噛むほど味が出るスルメのような文章です。
 この『愛という病』(新潮社/刊)も他のエッセイと同じくエロ深いことには変わりないのですが、残念ながら(?)エロ要素は比較的少なめであり、深いな~と思わせるエッセイになっています。
 日常の様々なできごとをジェンダーという観点で鋭く分析する中村さん。その奇抜な切り口の1つが“ナルシシズム”です。

 中村さんは漫画家の自画像に着目し、男女に大きな違いがあるといっています。それは、男性漫画家の自画像は本人に似ていることが多いのに対し、女性漫画家の自画像は本人に全く似ていないという点です。
 男性漫画家の例として手塚治虫や赤塚不二夫、弘兼憲史さんがあげられていますが、たしかに自画像は本人にそっくりだと納得できます。
 では女性漫画家の自画像はどうでしょうか。

 中村さんは女性漫画家の自画像を「豚」「オカッパ頭のヒナ鳥」「ヨダレカケをした幼児」などと酷評します。美人なのに、なぜか自画像では「チビ・デブ・ブス」になってしまうのです。なぜ男女でこんなにも違うのでしょうか。
 中村さんは、描く技術の問題ではなく、本人の自意識の問題だと指摘しています。男性漫画家は鏡や写真で見たとおりの自分をそのまま描き写しますが、女性漫画家は「自分が自分をどう思っているか」を描くのです。