職場では人気者、でも…!? 「仮面ひきこもり」の実態

職場では人気者、でも…!? 「仮面ひきこもり」の実態
 日本の社会問題の一つとなっている「ひきこもり」。
 それに対して、「仮面ひきこもり」という言葉があるのを知っているだろうか?

 「仮面ひきこもり」とは、社会生活を営んでいるのに、実は「ひきこもり」と同じような心のメカニズムを持つ人たちのこと。
 そんな「仮面ひきこもり」のについて解説しているのが、『仮面ひきこもり あなたのまわりにもいる「第2のひきこもり」』(服部雄一/著、角川書店/刊)だ。
 「仮面ひきこもり」の人間は、「ひきこもり」と違って、会社に勤務しているなど社会生活を送っているが、内面では「ひきこもり」と同じように対人恐怖と不信感、孤独感を抱えている。そして、異性と親しくなれない、自分の子どもを愛せない、本当のことを言うのが怖い、などといった問題に悩まされているという。

 ここでは本書から、「仮面ひきこもり」の一症例を取り上げ、「仮面ひきこもり」について紹介したい。

 Aさんは31歳、独身、大手企業のエリート社員である。会社では人気者で、周囲の信頼も厚い。
 そんなAさんだが、ある朝、プラットホームに立っていると、体が勝手に動いて電車に飛び込もうとしたという。そのときは駅の柱にしがみつき、事なきを得たAさんだったが、以来、プラットホームの前のほうに立つのが怖くなった。
 それからしばらくたったある日曜日。ドライブしていたA さんは、海岸線のカーブで突然ハンドルを右に切り、ガードレールを越えて海に飛び込もうとした。車はもう少しで海に落ちるところだったが、必死にハンドルを反対にきったので助かった。

あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る 2014年6月11日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。