“ビリギャル”お母さんによる「ビリギャル家族の真実」

“ビリギャル”お母さんによる「ビリギャル家族の真実」
拡大する(全1枚)
 “ビリギャル”原作の映画が5月1日からついに全国で公開されます。『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(KADOKAWA アスキー・メディアワークス/刊)はベストセラー化し、社会現象にもなりました。そして今回、もう1つの“ビリギャル”物語が誕生したのです。

 『ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話』(ああちゃん、さやか(ビリギャル)/著、KADOKAWA アスキー・メディアワークス/刊)は、“ビリギャル・さやか”と、そのお母さん“ああちゃん”が綴った、ビリギャル家族の真実です。
 本書は、『ビリギャル』の読者から数多く寄せられた「さやかちゃんのお母さんの子育て法や信念、人生についてもっと知りたい」という声から生まれました。

■「この家族は失敗」「ダメな母親」と言われ続けた家庭
 名古屋の中高大一貫名門女子校に入りながらも、素行不良や派手な見た目から停学処分を受け教師に「クズ人間」のレッテルを貼られてしまった、さやか。高校生のさやかがギャル化した理由の1つには、荒れた家庭環境がありました。
 両親の夫婦仲は冷え切り、父は母、さやか、まーちゃん(妹)への経済支援を一切打ち切ります。反対に、父に「プロの野球選手になれ」と高級スポーツ用品を買い与えられスパルタ教育を施された長男は、自暴自棄で無気力に陥っていました。
 父は母やさやかに罵声を浴びせ、その横暴に耐えられなくなったさやかは家に寄り付かなくなり、問題児として高校教師からマークされるようになって行きます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク