大学生がシニアと団地で暮らす理由とは。世代間交流深める高蔵寺ニュータウンの今

大学生がシニアと団地で暮らす理由とは。世代間交流深める高蔵寺ニュータウンの今

高蔵寺ニュータウン内には遊具のある公園や広場が点在。保育園や幼稚園もあり、子ども達の元気な声が響く(写真撮影/倉畑桐子)

この取り組みのきっかけについて、依頼側である中部大学学生教育部学生支援課の殿垣博之さんはこう話す。
「本学は東海三県から通学する学生の割合が大きく、中には片道2時間以上をかけて通学する学生もいます。そこで大学としては、学生の通学時間を短縮し、その時間を学業やクラブ活動、インターンシップなどに役立ててほしいと考えました。ただ、経済的に厳しい状況の学生も多いので、可能な限り通学にかかる交通費に近い金額で下宿代がカバーできるような取り組みを模索し、この制度が提案されました」

元気な学生たちの住まいは上層階

地域連携住居制度を利用する入居者で組織される学生団体、中部大学KNT創生サポーターズ(以下、CU+)の今年度リーダーを務める、中部大学人文学部三年生の西井皓祐さんにお話を聞いた。
「地域連携住居制度については、大学の合格通知に同封されていたので、入学前から知っていました。実家は県外なので、当初からここに住もうと決めていました」

大学生がシニアと団地で暮らす理由とは。世代間交流深める高蔵寺ニュータウンの今

明るい日差しが差し込む西井さんの住まい。ゆとりある間取りを活用し、自炊や洗濯をして一人暮らしを満喫中だ(写真撮影/倉畑桐子)

それまでは、地域イベントへの参加経験がなかったという西井さん。「入学するまであまり興味がなかった」と正直だ。そんな西井さんの住まいにお邪魔してみた。ファミリーでも住むことができる2DKの間取りは「1人なら十分すぎる広さです」といい、住み心地には大満足。毎月の家賃も割安で、大学からも近いので、友達が遊びに来ることもある。


この記事の画像

「大学生がシニアと団地で暮らす理由とは。世代間交流深める高蔵寺ニュータウンの今」の画像1 「大学生がシニアと団地で暮らす理由とは。世代間交流深める高蔵寺ニュータウンの今」の画像2 「大学生がシニアと団地で暮らす理由とは。世代間交流深める高蔵寺ニュータウンの今」の画像3 「大学生がシニアと団地で暮らす理由とは。世代間交流深める高蔵寺ニュータウンの今」の画像4
「大学生がシニアと団地で暮らす理由とは。世代間交流深める高蔵寺ニュータウンの今」の画像5 「大学生がシニアと団地で暮らす理由とは。世代間交流深める高蔵寺ニュータウンの今」の画像6 「大学生がシニアと団地で暮らす理由とは。世代間交流深める高蔵寺ニュータウンの今」の画像7 「大学生がシニアと団地で暮らす理由とは。世代間交流深める高蔵寺ニュータウンの今」の画像8
「大学生がシニアと団地で暮らす理由とは。世代間交流深める高蔵寺ニュータウンの今」の画像9
編集部おすすめ

当時の記事を読む

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク