東京センベロ巡礼! 吉祥寺『もつ焼きカッパ』で1,000円飲みにチャレンジしてきた

東京センベロ巡礼! 吉祥寺『もつ焼きカッパ』で1,000円飲みにチャレンジしてきた
拡大する(全9枚)

 吉祥寺駅の南口エリアに、50年以上続く、安くて旨い店があると聞き、センベロに挑戦しようと向かったのは、井の頭通り沿いにある『もつ焼きカッパ 吉祥寺店』。

 16時半の開店前には、お客さんがすでに外で並んでいます。その列に、お店の人が先に注文を聞き、店に入ったらすぐにお酒が出てくるスピーディーな対応。臨戦態勢、バッチリです。

 店に入ると、大きなコの字型のカウンターがあり、席数は21席。立ち飲みのスペースには約10人ほどが入れます。カウンターの中ではキビキビとお店の人がお酒を出したり、炭火で焼かれた串を出すなど、迅速な動きでお客さんたちのオーダーに応えています。

東京センベロ巡礼! 吉祥寺『もつ焼きカッパ』で1,000円飲みにチャレンジしてきた

 炭火で焼く串の種類は裏メニューを入れて約17種、1串110円の明朗会計です。カシラ、レバなどの下に(頭)、(肝臓)など部位がわかる説明が。改めてみると、あ、そうか~、ガツは胃袋だったよね~、とか、リンゲルって何? 膣? と、新たな発見も。

「ウチは毎日新鮮なモツがトジョウから送られてきます。それを手作業で仕込んでいるから良心的な価格なんですよ。元々は1串90円だったけれど、最近の物価上昇でいたしかたなく値上げしてね~」と話す店主。それでも1串110円はスゴイ! ちなみにモツの掃除や串打ちなど、すべて店の人がこなす仕込みで作られるのは1日約1,000本分。なくなり次第店じまいとのことです。

東京センベロ巡礼! 吉祥寺『もつ焼きカッパ』で1,000円飲みにチャレンジしてきた

 センベロにするのに、何にしようか……真剣に考えて、人気のレバ、シロ、カシラの串3本に、手作りのお新香220円、お酒は何にしようか考えていると、「ウチに来たなら老酒(ラオチュウ)がいいよ」とのことで、老酒に決定! 実は、老酒がいいのには理由があるんです。


この記事の画像

「東京センベロ巡礼! 吉祥寺『もつ焼きカッパ』で1,000円飲みにチャレンジしてきた」の画像1 「東京センベロ巡礼! 吉祥寺『もつ焼きカッパ』で1,000円飲みにチャレンジしてきた」の画像2 「東京センベロ巡礼! 吉祥寺『もつ焼きカッパ』で1,000円飲みにチャレンジしてきた」の画像3 「東京センベロ巡礼! 吉祥寺『もつ焼きカッパ』で1,000円飲みにチャレンジしてきた」の画像4
「東京センベロ巡礼! 吉祥寺『もつ焼きカッパ』で1,000円飲みにチャレンジしてきた」の画像5 「東京センベロ巡礼! 吉祥寺『もつ焼きカッパ』で1,000円飲みにチャレンジしてきた」の画像6 「東京センベロ巡礼! 吉祥寺『もつ焼きカッパ』で1,000円飲みにチャレンジしてきた」の画像7 「東京センベロ巡礼! 吉祥寺『もつ焼きカッパ』で1,000円飲みにチャレンジしてきた」の画像8
「東京センベロ巡礼! 吉祥寺『もつ焼きカッパ』で1,000円飲みにチャレンジしてきた」の画像9
編集部おすすめ

当時の記事を読む

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

グルメニュースランキング

グルメランキングをもっと見る
お買いものリンク