実はコスパ最強なステーキハウス『ブロンコビリー』で、大人気の“グラスフェッドビーフ”を食べてきた

実はコスパ最強なステーキハウス『ブロンコビリー』で、大人気の“グラスフェッドビーフ”を食べてきた

『ブロンコビリー』といえば、東海地方を中心に展開しているステーキチェーン店。名古屋発祥のお店で、最近では首都圏や関西での出店も増えています。

 そんなブロンコビリーでは、今年5月27日よりウルグアイ産牛肉の提供を開始していたのですが、あまりの人気のため一時的に提供を休止していたそうです。しかし、9月14日より順次提供を再開しており、今は全135店舗で食べられます。

 ウルグアイ産の牛肉と聞いてもあまりピンと来なかった筆者ですが、一度食べてみて、その人気の理由がすぐにわかりました。さっそくその魅力をお伝えしましょう。

グラスフェッドビーフは栄養価の高さと肉の旨みが魅力

 ウルグアイ産の牛肉は2019年に19年ぶりに輸入が解禁され、日本の大手チェーンレストランとしてブロンコビリーが初めて導入しました。約60日かけてチルド状態のまま船便で日本に届けられるそうです。

実はコスパ最強なステーキハウス『ブロンコビリー』で、大人気の“グラスフェッドビーフ”を食べてきた

 ウルグアイは国土の88%が牧草地。ウルグアイで飼育された牛は栄養価の高い牧草のみを食べて育った「グラスフェッドビーフ(牧草牛)」となっています。グラスフェッドビーフは良質な赤身肉で、鉄分が多く、アンチエイジングにも効果的なオメガ3脂肪酸も含まれています。また、一般的な牛肉よりもカロリーや脂質が低く、ダイエットやトレーニングをしている人にとっても最適な牛肉なんです。

実はコスパ最強なステーキハウス『ブロンコビリー』で、大人気の“グラスフェッドビーフ”を食べてきた

 そんなウルグアイ産「炭焼き 超厚切り熟成サーロインステーキ」がこちら。150g/200g/300g/400gから選べるようになっており、女性でも300gをペロリと平らげることが多いのだとか。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ステーキ 東京
食楽webの記事をもっと見る 2019年10月12日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ステーキ + 東京」のおすすめ記事

「ステーキ + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「スープ」のニュース

次に読みたい関連記事「スープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「カルビ」のニュース

次に読みたい関連記事「カルビ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら