カラアゲニストも絶賛! 『キタノイチバ』で抜群に旨い「皇帝ザンギ」を食べてきた

カラアゲニストも絶賛! 『キタノイチバ』で抜群に旨い「皇帝ザンギ」を食べてきた

 東京・四谷に、食べ応え抜群、かつ岩手の銘柄鶏を使った絶品の巨大からあげがあるらしい…。そんな噂を聞いて筆者がやってきたのは、四ツ谷駅前にある『海鮮肉酒場 キタノイチバ』。ジャンボサイズの豪快なからあげはこれまで何度も食べてきましたが、今回はどんなものに出会えることやら。

カラアゲニストも絶賛! 『キタノイチバ』で抜群に旨い「皇帝ザンギ」を食べてきた

 そのジャンボからあげの名は「皇帝ザンギ」(999円)。ネーミングからすでにインパクト十分。ザンギは北海道のからあげの名称ですが、使っているのは岩手県の銘柄鶏「菜・彩・鶏(さいさいどり)」だそうです。菜・彩・鶏といえば、飼育期間の後半に、動物性タンパク質を含まない飼料で育てて特有の臭みを低減させた鶏。「やみつき手羽先ザンギ」(398円)、「角ハイ柚子はちみつ」(398円)とともにいただきました。

いざ「皇帝ザンギ」に挑戦!

カラアゲニストも絶賛! 『キタノイチバ』で抜群に旨い「皇帝ザンギ」を食べてきた

 登場したのは、骨の端から肉の先端まで、優に約20cmはあろうかという巨大な骨付きモモ肉。豪快&贅沢です。どこから食べてやろうかとワクワクしますが、まずはトングとハサミで切り分けながら食べ進みます。ジャリジャリ食感で爽快な歯ざわりの衣は筆者好み。漬けダレにしっかりと漬けこんだというフワッとやわらかい肉はあっさりめの味付けです。香ばしい衣がうまく崩れて肉と一緒になり、口の中でジャリ・フワがミックスされてとても面白い舌ざわり。肉の味もしっかり感じられるのが嬉しいですね。

 そして何と言っても骨付き肉は、骨なしよりもうま味が強いのが特徴。この皇帝ザンギも骨の周辺が美味い! 骨にくっついたわずかな肉にも思わずかぶりついてしまいます。3種類のソースは、サウザンドレッシング、おろしポン酢、タルタルソース。どれも美味しいのですが、筆者はおろしポン酢オシ。ちょっと酸味がきいていますが、これがレモン汁をかけたときのような爽やかさ。ジャリジャリ系の衣ともよく合います。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「居酒屋」のニュース

次に読みたい関連記事「居酒屋」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ビストロ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビストロ」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月12日のグルメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。