どう変わった? リニューアルした「湖池屋プライドポテト」4種類をすべて食べてみた

どう変わった? リニューアルした「湖池屋プライドポテト」4種類をすべて食べてみた

 2017年2月に発売し、約4か月で2000万袋を販売した「KOIKEYA PRIDE POTATO」。これを新たな製法によりリニューアルした「湖池屋プライドポテト」シリーズ4種が、2月10日より全国で販売スタートしました。

 今回販売されたのは、「湖池屋プライドポテト 神のり塩」、「湖池屋プライドポテト 感激うす塩味」、「湖池屋プライドポテト 衝撃のコンソメ」、「湖池屋プライドポテト 芋まるごと 食塩不使用」の4種類。リニューアルにあたり、素材選びから見直したそうで、国産の中でも、特に旨みの濃いじゃがいもを選びぬき、塩や青のりなどのフレーバーもじゃがいもとの相性を考えて、一つひとつ厳選しています。

 そんな素材にこだわったポテトを、温度を変えながら揚げることで、素材本来の旨みや甘みを閉じ込めると同時に、味付けは二段階で、奥深く軽快な味わいに仕上げているのだとか。とはいえ、どんな点が変更されたのか、食べてみないことにはわかりません。というわけで実食してみました。

「湖池屋プライドポテト 芋まるごと 食塩不使用」

どう変わった? リニューアルした「湖池屋プライドポテト」4種類をすべて食べてみた

 まずはシンプルの極みと言える「湖池屋プライドポテト 芋まるごと 食塩不使用」からいただきます。

どう変わった? リニューアルした「湖池屋プライドポテト」4種類をすべて食べてみた

 薄すぎず、厚すぎない絶妙な厚み。食塩なしだからこそ味わえる、じゃがいも本来の旨みと甘みがダイレクトに感じられます。塩がないのに旨みを感じる理由は、北海道産昆布が使われているから。塩なしのポテトチップス、意外にアリです! そのまま食べても良いですが、ステーキの付け合わせや、アボカドやクリームチーズにディップしても楽しめそうです。サラダスープのクルトン代わりとして料理のアクセントに使うのもアリだと思います。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月20日のグルメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。