一体どんな味? 米国生まれの新感覚からあげ「ワッフルチキン」を食べてきた

一体どんな味? 米国生まれの新感覚からあげ「ワッフルチキン」を食べてきた

 青山通りの宮益坂上から明治通りに向かって坂を下っていくと、左手に『MOJA in the HOUSE 渋谷』が見えてきます。ヴィンテージ調の雑貨や家具が置かれ、アメリカンな雰囲気が漂うお店ですが、こちらに“究極”と言ってもよさそうな進化系からあげがあります。それが名物で一番人気の「ワッフルチキン」(1300円)です。

 もともとは米国生まれの料理で、アメリカ人のソウルフードとも言われています。焼きたてのワッフルに、クリスピーな食感に揚げたチキンをのせ、そこにメープルシロップをたっぷりかけていただきます。揚げたチキンにメープルシロップとくると、変わった食べ物のように思うかもしれませんが、違和感はまったくなし。これ、かなりイケるんです。

甘スパイシーな新感覚食感に魅せられる!

一体どんな味? 米国生まれの新感覚からあげ「ワッフルチキン」を食べてきた

 こちらのワッフルチキンは見た目も豪快です。直径が16cmほどもあるワッフルの上にのっているのは、塩やスパイス、卵などで味付けして揚げたからあげ。やや大ぶりなものが4個も。いかにも食べごたえがありそうな佇まいです。ここにカナダのピュア・メープルシロップをたっぷりとかけていただきます。からあげの上でボトルを円を描くよう3回まわしかけるのが適量とのことですが「外国人のお客さんの中には1本すべてかけてしまう方もいますよ」と店長の鈴木裕希さん。そこまでする勇気のない筆者は軽く3~4回まわしかけました。

一体どんな味? 米国生まれの新感覚からあげ「ワッフルチキン」を食べてきた

 ワッフルとからあげは別々に食べるのではなく、一緒に食べるのがおすすめです。細かくカットし、からあげとワッフルを同時に口の中へ。からあげの衣はガリガリ系ですが、メープルシロップがしっとりソフトな食感を与えてくれます。ちょっとスパイシーなからあげとメープルシロップの甘さのコンビネーションが絶妙。“甘スパイシー”な新感覚の味わいです。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ソウルフード + 名古屋」のおすすめ記事

「ソウルフード + 名古屋」のおすすめ記事をもっと見る

「ソウルフード + 映画」のおすすめ記事

「ソウルフード + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「B級グルメ」のニュース

次に読みたい関連記事「B級グルメ」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月3日のグルメ記事

キーワード一覧

  1. ソウルフード 名古屋
  2. ソウルフード 映画

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。