どんな味? NY発の一風堂スピンオフ・ラーメン店『黒帯(KURO-OBI)』が日本上陸

       
どんな味? NY発の一風堂スピンオフ・ラーメン店『黒帯(KURO-OBI)』が日本上陸

 日本のラーメンが海外でも大人気を博し、近年では海外仕様のラーメンが逆輸入の形で日本に上陸するパターンも散見されるようになりました。8月4日に東京・渋谷の新商業施設「RAYARD MIYASHITA PARK(レイヤード ミヤシタパーク)」にオープンする『黒帯(KURO-OBI)』も、そんな逆輸入ラーメン店のひとつ。

 実はこのお店、お馴染みの人気博多ラーメン店『一風堂』のスピンオフブランドで、2014年にニューヨークで誕生。日本初上陸となる「ミヤシタパーク店」は、ニューヨーク、カリフォルニア、シンガポールに続く出店となります。

「黒帯」

どんな味? NY発の一風堂スピンオフ・ラーメン店『黒帯(KURO-OBI)』が日本上陸

 お店の名前をそのまま使った看板メニュー「黒帯」は、まろやかで濃厚な鶏白湯スープを使用。スープにしっかりと絡む太めのちぢれ麺に、しっとり柔らかな鶏チャーシューと半熟の卵、フライドオニオンと青ネギがトッピングされます。

 さらに味のアクセントとしてガーリック香油とブラックペッパーが入り、香ばしい香りとピリリとした辛味が加わります。

「茶帯」

どんな味? NY発の一風堂スピンオフ・ラーメン店『黒帯(KURO-OBI)』が日本上陸

 醤油ベースのスープを用いたあっさり仕上げの一杯が「茶帯」。鶏白湯の旨味と食べ応え抜群のちぢれ麺、「黒帯」と同様のトッピングで美味しくいただけます。

 なお、ラーメンはニューヨークスタイルそのままに特製の紙カップで提供。好きな場所で食べられるだけでなく、テイクアウトで自宅や職場でも味わうことができます。

どんな味? NY発の一風堂スピンオフ・ラーメン店『黒帯(KURO-OBI)』が日本上陸

 メニューは他にも、スパイシーな香油を使った「赤帯」(990円)や、旨味たっぷりの辛味噌をブレンドした「白帯」(830円)、動植物性素材を一切使用していないビーガンまぜそば「緑帯」、数量限定のスペシャルメニュー「和牛ステーキラーメン」(2490円)などの各種ラーメンに加え、「ケイジャンチキンライス」(490円)や「ジンジャー唐揚げ」(390円)、「鶏餃子」(4個入り390円、8個入り520円)などのサイドメニューと、豊富に用意されています。


食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ラーメン + レシピ」のおすすめ記事

「ラーメン + レシピ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「カツ丼」のニュース

次に読みたい関連記事「カツ丼」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「からあげ」のニュース

次に読みたい関連記事「からあげ」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月31日のグルメ記事

キーワード一覧

  1. ラーメン レシピ

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。