1本300円の高級りんごジュース「青森りんご 世界一」発売!

記事まとめ

  • 「青森りんご 世界一」が数量限定で発売を開始。
  • 280mlで300円の、リッチなリンゴジュースとなっている。
  • 販売は自販機と「acure made」のECサイトだけ。

買えるのは自販機と通販だけ! 1本300円の高級りんごジュース「青森りんご 世界一」を飲んでみた

買えるのは自販機と通販だけ! 1本300円の高級りんごジュース「青森りんご 世界一」を飲んでみた
       

 りんごの有名な産地といえば、もちろん青森県ですよね。さまざまな種類のりんごが栽培されており、なかでも「世界一」は誕生当初、サイズが世界一大きいと言われた品種です。

 そんな世界一だけを使用したジュース「青森りんご 世界一」が10月6日に数量限定で発売を開始しているのをご存知ですか? 280mlで300円というちょっとリッチなこのりんごジュースが買えるのは、JR東日本の東京駅、上野駅、青森駅、新青森駅、弘前に設置された約100台の自販機と、「acure made(アキュアメイド)」のECサイトだけ。プレミアムなりんごジュースの味わいをご紹介しましょう。

青森でも希少な品種を使用

買えるのは自販機と通販だけ! 1本300円の高級りんごジュース「青森りんご 世界一」を飲んでみた

「青森りんご 世界一」は、原材料にりんごだけを使用したこだわりのジュースです。使用される「世界一」という品種は、ハレの日の贈り物に使われることが多く、甘みの調整や大きさの管理が難しいので、青森県内でも全体の0.5%程度の作付面積でしか精算されていない希少なりんごなんです。

 これまでにもJR東日本ウォータービジネスが展開するオリジナル飲料ブランド「acure(アキュア)」では、ストレート果汁100%の「青森りんごシリーズ」を展開しています。ふじ、つがる、王林、トキ、ジョナゴールドなどさまざまな品種名を打ち出したりんごジュースを販売しており、JR東日本の駅構内の自販機で見かけたことがある人もいるかもしれませんね。

買えるのは自販機と通販だけ! 1本300円の高級りんごジュース「青森りんご 世界一」を飲んでみた

 青森りんごシリーズは、製造過程で空気に触れない状態でりんごを粉砕・搾汁する「密閉搾り」という手法を用いることで、酸化防止剤を使っていないのが特徴です。また、果実をすりおろすので、果肉に含まれる香りやコクが残りやすく、品種ごとの甘みや酸味をダイレクトに感じられます。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月26日のグルメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。